ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「ケムリクサ」12.2話は“多分ありません” たつき監督がTwitterで表明

何ヶ月先でも待ちます。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 アニメ「ケムリクサ」を制作したたつき監督(@irodori7)が、12.2話は「多分ありません」とTwitterで表明しました。同時に、12.1話に登場した4人がどこかの駅内を探索しているような画像が投稿されています。





 「ケムリクサ」は、最終第12話放送翌週の放送時間にたつき監督自身が12.1話をサプライズ公開しました。12話から続く内容で、りく、りょく、りょう、ワカバの4人が登場。まだ話が続くような終わり方だっため12.2話も公開されるのではという声もあがっていました。






たつき監督 ケムリクサ 12.1話 12.1話冒頭

 たつき監督は、「12.1話、予想を絶するたくさんの反応をいただき狼狽…」と驚きながらも、「12.2話は多分ありませんが、機会あればいつかまた。忘れた頃にこっそりと…」と少し期待を抱かせるようなツイートをしています。

 たつき監督は以前から「ケムリクサ」関連の画像や動画を精力的に自身のTwitterに投稿しており、ファンからは喜びの声とともに「ちゃんと休んで」と体をいたわる声も多数寄せられていました。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る