ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
連載

ドラマ「ドラゴン桜」“原健太”細田佳央太の演技力に注目集まる 「見入ってしまう」「他の出演作も見てみたくなった!」クイズDEドラマ(1/4 ページ)

発達障害を抱えた難しい役どころを演じています。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 テレビドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)第5話が5月23日に放送されました。瀬戸(高橋海人さん、「高」ははしごだか)が戻り4人体制となった東大専科。条件である5人を東大に合格させるため、桜木(阿部寛さん)は次なる新メンバーとして原健太(細田佳央太さん)に声を掛けます。

クイズDEドラマ

4月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。




 ※以下、ネタバレあり

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ
原健太と小杉麻里(画像はドラマ「ドラゴン桜」公式Instagramから)

ドラマ「ドラゴン桜」あらすじ

 これまでにもたびたび登場し、虫を追いかける無邪気な姿を見せていた健太。彼は発達障害を抱えており、聴覚的短期記憶が苦手だったことから授業にはついていけませんでした。しかし、興味の対象には人並ならぬ集中力を見せ、過去のデータから天気を予想するなど、桜木をも驚かせる才能を披露します。

 一方、第3話で東大専科に敗北を喫し、荒れに荒れていた「難関大コース」の藤井遼(鈴鹿央士さん)は、雪辱を果たすため大学入試共通テスト(英・数・国)での勝負を申し込みます。いつものように、いまの生徒たちでは勝ち目がないと騒ぐ水野(長澤まさみさん)をしり目に、桜木は勝負を快諾。さらに東大専科の代表として、健太をスカウトするのでした。

 藤井の嫌がらせにより、一時は東大を目指すことを諦めた健太。「僕は皆みたいにできない」「皆の邪魔になる、迷惑を掛ける」とネガティブな言葉を繰り返す健太に、桜木が声を荒げます。「いらない命か、そんなもんあるわけねえだろ!」「できないからなんだ、そのために仲間がいるんじゃないのか!」。桜木の言葉に目の輝きを取り戻した健太は、藤井との対決の場に戻り、残り20分で数学のテストに挑むことに。さらに、健太をそばで見守っていた文系トップの小杉麻里(志田彩良さん)も参戦します。

 勝負の結果は、東大専科の完勝。国語と英語は小杉が、数学は健太が198点という高得点を獲得し、「難関大コース」を廃止することで幕を下ろしました。ネットでは、発達障害という難しい役どころを演じた細田佳央太さんの演技力に称賛の声が続々。「見入ってしまう」「もう細田佳央太じゃなくて原健太なのよ」「他の出演作も見てみたくなった!」「追いかけていきたい気持ちがすごい」「役作りのために丸刈りになり13kgくらい体重増やしたらしいしすごいわ」と注目を集めています。

細田佳央太さんをもっと知る


ドラマ「ドラゴン桜」まとめ

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ
↑こちらをクリック

「ドラゴン桜」クイズ初級


ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ

問題:語彙力を養うために東大専科が遊んだゲームは?(答えは次のページ

A:マジカルバナナ
B:山手線ゲーム
C:しりとり

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る