メディア

「古き良きインターネットがまたひとつ終わる」 忍者カウンターのサービス停止にネットでは悲しみの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2月27日、忍者ツールズ株式会社が提供する「忍者カウンター」などの8つのWebサービス停止が発表されたことで、ネットで話題となりました。

 「忍者カウンター」は、訪問者数をカウントしページ内に表示する、いわゆるアクセスカウンターです。主に2000年代の個人のWebサイトやブログなどで愛用され、ぞろ目や切りの良いカウンターの数字を「キリ番」と呼び、キリ番を踏んだユーザーは「キリ番ゲッター」と呼ばれていました。

 これらWebサービスの停止について、忍者ツールズ社は、「現在のインターネットを取り巻く環境、技術的な運用課題などからご満足頂けるサービス提供が難しく」なったと声明を発表しています(参考:『忍者カウンター』等8サービス提供終了のご案内)。

終了する「忍者カウンター」
advertisement

ネットではサービス停止を惜しむ声が相次ぐ

 SNS分析ツールを使って「忍者カウンター」を解析した結果、ネガティブな反応が65.9%、ポジティブな反応が34.1%となりました。

 2月27日の発表後から徐々に話題となり、3月2日には関連記事が公開されたことでTwitterトレンド入りしました。3月2日の18時にピークを迎え、1000件を超えるツイートが投稿されています。

advertisement

「なくなるとさみしいな」サービス停止を惜しむ声

 忍者カウンターなどのサービス停止が発表されると、ネットでは残念に思うとの声が相次ぎました。

 「アメブロ時代に忍者カウンターを使わせてもらっていただけに残念」「古き良きインターネットの終わりを見てしまった……悲しい」など、当時を振り返ったり、一時代の終わりを惜しむといった声が多数。

  また、「ブログではまだ忍者カウンター貼りっぱなしにしてある」など、現在も忍者カウンターを愛用しているユーザーの声も見られました。

advertisement

「大変お世話になりました……!」忍者カウンターに感謝の声

 忍者カウンター含む8つのWebサービス停止を惜しむ声とともに、ネット上ではこれらのサービスに感謝する声も相次いでいます。

 「忍者カウンターはずっと使っていたから、なくなるのがさみしい」「時代は移り変わっていくんだな……今までありがとうございました」など、サービスを愛用していたユーザーから感謝の声が届けられています。

advertisement

「忍者の秘密道具的な何か?」忍者カウンターを知らないといった声

 Webサービスの停止を惜しむ声が相次ぐいっぽうで、忍者カウンターを知らないという声も見られました。

 「忍者カウンターって何……? 調べても詳細が見つからない」「忍者カウンターってなに? 街中にいる忍者の数でも数えるの?」といった投稿から、「忍者カウンターってなに? って母上に聞いたら『知らない!? 忍者カウンターを!? 知らないだと!?』ってめっちゃ言われた」といった世代の差を感じる投稿も。

advertisement

忍者カウンターのサービス停止は2021年

 終了が発表されたサービスは、既に新規登録の受付が終了しています。実際にサービスが停止するのは「忍者ビジター」「忍者バリアー」「忍者アンケートフォーム」「忍者メールフォーム」「忍者アクセスランキング」が2020年6月1日、「忍者サンドボックス」が2020年7月31日、「忍者アナライズ」「忍者カウンター」が2021年3月1日となっています。

 これを機に、むかしに作ったWebサイトやブログを確認してみてはいかがでしょうか。

調査概要

調査期間2020年3月2日 ~ 2020年3月3日
調査対象Twitter
調査件数8724 件(10%サンプリング)
調査キーワード忍者カウンター
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.