メディア

「ダメ人間製造機!」「落ちるところまで落ちそう」 “永久機関”を実現するゲーミングベッドが話題に

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 3月4日、「ゲーミングベッド」というインパクトあるワードがTwitterトレンド入りしました。

 ゲーミングベッドは、ゲーミング家具ブランド「Bauhutte」の家具を使ったレイアウトの一種で、公式サイトの「予算10万円。ゲーミングデスクの最強レイアウト12選」にて紹介されています。

 特に話題となっているのは、総額12万6300円の「(応用編)ゲーミングベッド」。起きてすぐにゲーム、アニメを観ながら寝落ちの生活サイクルを実現する「ゲーミングベッド」に、大量のおかしやドリンクをストックできるワゴンが追加されたことで「ゲーム」「食事」「睡眠」すべてを完結させたレイアウトです。

画像は「Bauhutte」公式サイトより
advertisement

ネットでは「面白い」との声が多数

 SNS分析ツールを使って「ゲーミングベッド」を解析した結果、ポジティブな反応が70.0%、ネガティブな反応が30.0%と分類されました。

 ポジティブな反応では、ゲーミングベッドのインパクトしかないデザインや、公式サイトに記載されている『まさに永久機関といえる代物です』という言葉を「面白い」とする意見が目立ちました。

   3月4日の12時および13時に2000件を超えるツイートが投稿されました。その後も、18時ごろまで1時間あたり1000件を超えるツイートが投稿されています。

あまりの盛り上がりに、公式Twitterアカウントが自分の目をうたがう。
advertisement

「こんなに素晴らしいものはない」ゲーミングベッドをほしがる声が続出

 ポジティブな反応と分類されたツイートでは「面白い」だけでなく、「良い」「ほしい」といったワードも頻出しました。

 「ゲーミングベッド、めっちゃほしい。堕落した人生が、さらに落ちるところまで落ちそう」など、自身のライフスタイルを危惧しつつもゲーミングベッドをほしがる声や、「家にこもりたい勢からしたら、こんなに素晴らしいものはないぜ」といった大絶賛の声も。

 一方で、「ダメ人間製造機」と呼ぶ声も多く見られ、ネタとしても話題になりました。

advertisement

「トイレがついていたら買っていた」上級者からの厳しい声

 いたれりつくせりなゲーミングベッドですが、一部のユーザーからは「もっとこんな機能が欲しい」といった要望もあがっています。

 特に多かったのはトイレをつけてほしいという要望。さらに体を動かす時間を減らしたいのか、「ゲーミングベッドにトイレがないのは残念」「トイレがついていたら買っていた」といった声が目立ちました。

 また、「真のゲーム廃人であれば、きちんとしたベッドで6時間しっかりと睡眠をとり、ゲームをする時は長時間座っても疲労感の少ないオフィスチェアに腰をすえて、18時間しっかりプレイするもの。中途半端は良くないと思う」といった、真のゲーム廃人による厳しい意見も見られました。

advertisement

「さすがに食べるのは別にしたい」衛生面を心配する声

 ネガティブな反応と分類されたツイートでは、ベッドで食事をしたくないという意見が多数でした。

 ベッドを汚したくないという理由から「おかしやジュースをこぼしたくないから、ほしいとは思わない」といった意見や、「おやつを食べ散らかした布団の上にダニがわく」など、衛生面を心配する意見が見られました。

advertisement

製品詳細は後日に正式発表の予定

 ゲーミングベッドのレイアウトに組み込まれた各家具は、まだ詳細が発表されていません。後日に各製品の正式発表がおこなわれる予定なので、ほしいと思った方はチェックしておきましょう。

調査概要

調査期間2020年3月4日 ~ 2020年3月5日
調査対象Twitter
調査件数1万5803 件(10%サンプリング)
調査キーワードゲーミングベッド
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.