メディア

【アイシールド21】登場キャラクター人気No.1が決定! ダントツ1位は「ヒル魔」【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 アメフトをテーマにした人気漫画『アイシールド21』。ジャンプでは王道の学園スポーツ漫画ですが、スポ魂の枠を超えた個性豊かなキャラたちも魅力の1つです。

 ねとらぼ調査隊では、2021年1月6日から2月5日の期間「あなたが好きな『アイシールド21』の登場キャラクターは?」というテーマでアンケートを実施しました。本記事ではその結果を紹介していきます。

 今回のアンケートでは計504票の投票をいただきました。ご参加ありがとうございました!

advertisement

第9位:栗田良寛&葉柱ルイ

 第9位には、14票で同率の栗田良寛と葉柱ルイがランクインしました。栗田といえば、とにかく大きくとにかく丸いシルエットが印象的。パワーも桁外れですが、根は優しくちょっと臆病な一面もあります。

 一方で葉柱ルイは、チームを恐怖で支配しようとする賊学カメレオンズの主将。見た目や振る舞いはちょっと怖いところも多々ありますが、アメフトへの情熱は本物で名セリフや名場面を残しています。

advertisement

第6位:峨王力哉&姉崎まもり&雪光学

 第6位には、16票の同数で峨王力哉・姉崎まもり・雪光学の3人がランクイン。峨王は小学生のときに自動車を破壊したほどのパワーファイター。通常のマウスピースでは簡単にかみ砕いてしまうため、チタン合金製の特注品をはめています。

 姉崎まもりといえば、主人公セナの幼馴染にして本作のヒロイン。とはいえセナとすんなりとは結びつかないところが、この漫画の面白さの1つといえるでしょう。

 同じく6位にランクインした雪光学は、もともと運動が苦手だった男の子。必死の努力と頭脳プレーで成長していく姿に、共感した人も多いのではないでしょうか。

advertisement

第5位:十文字一輝

 第5位は、30票を獲得した十文字一輝でした。セナをパシリに使おうとし、結果としてセナがアメフト部に入るきっかけを作った元不良。はじめはやる気ゼロでしたが、部員として活動するうちにアメフトの面白さに気付き、ラインマンとして成長していきます。

advertisement

第4位:金剛阿含

 第4位は、「100年に一人の天才」と称される金剛阿含でした。十文字一輝とわずか1票差の31票です。

 ドレッドヘアにサングラスがトレードマークで、飲酒や暴力も意に介さないという特異なキャラクター。自分が認めた一部の人間以外は徹底して見下すという天才らしい傲岸な性格ですが、プレースタイルは正攻法という意外な一面もあります。

advertisement

第3位:小早川瀬那

 第3位は、主人公の小早川瀬那でした。

 気弱な性格だけれども、仲間たちやライバルとの交流を通じて成長する姿は、ジャンプ漫画主人公の王道キャラといえるでしょう。NFL選手にも匹敵する脚力が持ち味です。

advertisement

第2位:進清十郎

 第2位は、名門王城大学付属高校の最速LB、進清十郎でした。

 才能に溺れることなく、努力を重ねる天才の姿に心を奪われた人が多かったようです。セナの目標かつ最大のライバルであり、進もまたセナを認めています。機械類をすぐに破壊してしまったり、他人の顔が覚えられなかったりといった天然な部分も、愛される要素の1つでしょう。

advertisement

第1位:蛭魔妖一

 第1位は「ヒル魔」こと蛭魔妖一でした。

 人々の弱みを握り奴隷と称してこき使う、まさに外道。しかしアメフトとチームメイトへの想いは確かです。栗田との友情や阿含との因縁など、ただの「凶悪キャラ」に留まらない奥深い魅力に惹かれた人が多かったようです。

advertisement

コメント欄で多かったのは……

 コメント欄では、甲斐谷陸や高見伊知郎、ヒル魔の飼い犬(?)ケルベロスを推す声も。こうしたキャラの多彩さも、『アイシールド21』の大きな見どころと言えるでしょう。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング