メディア

『ジャンプ』伝説の最大発行部数「653万部」号、あなたが一番好きだった作品は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 集英社が発行する少年漫画誌『週刊少年ジャンプ』。1994年に発行された「1995年新年3・4合併号」は発行部数653万部を達成し、本誌史上の最大発行部数号として、ファンの間で語り継がれています。また、2017年には創刊50周年記念として復刻され、話題となりました。

 そこで今回は、最も発行部数が多かった“最盛期”の週刊少年ジャンプ「1995年新年3・4合併号に掲載された作品の中で、あなたが好きな作品は?」というテーマで人気投票を実施します。黄金期の作品が勢ぞろいの中で、あなたが一番好きなのはどの作品でしょうか?

 それでは、投票対象となる漫画の一部を紹介していきます。

SLAM DUNK

 『SLAM DUNK(スラムダンク)』は、井上雄彦さんによるバスケットボールを題材とした漫画です。1995年新年3・4合併号では、インターハイ1回戦の豊玉高校との試合がオールカラーで掲載されていました。

 この時期の『SLAM DUNK』は、まさに大ブームの最中。アニメも放送中で、続々とゲームや映画などが製作されていました。当時のジャンプ人気を牽引していた作品のひとつです。

SLAM DUNK 新装再編版 15 (愛蔵版コミックス)"

SLAM DUNK 新装再編版 15 (愛蔵版コミックス)

井上 雄彦
715円(04/20 21:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

DRAGON BALL

 『DRAGON BALL(ドラゴンボール)』は、鳥山明さんのバトル漫画です。1995年新年3・4合併号では、魔人ブウ編が掲載されていました。

 『DRAGON BALL』は『SLAM DUNK』とともに、当時のジャンプ人気を牽引していた作品のひとつ。当時はアニメ「ドラゴンボールZ」が放送中で、ゲームなども高い人気を得ていました。

DRAGON BALL 完全版 33 (ジャンプコミックス)"

DRAGON BALL 完全版 33 (ジャンプコミックス)

鳥山 明
1,078円(04/20 21:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

ジョジョの奇妙な冒険

 『ジョジョの奇妙な冒険』は、荒木飛呂彦さんによる漫画作品です。1995年新年3・4合併号では第4部が連載中で、吉良吉影と猫草(ストレイ・キャット)の戦いが描かれていました。

 現在『ウルトラジャンプ』で連載中の第8部『ジョジョリオン』では、第4部のパラレルワールドが展開。2020年12月には第4部のスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』のテレビドラマが放送され、話題となりました。

ジョジョの奇妙な冒険 42 (ジャンプコミックス)"

ジョジョの奇妙な冒険 42 (ジャンプコミックス)

荒木 飛呂彦
484円(04/20 21:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

 この他にも、『るろうに剣心』『地獄先生ぬ~べ~』『キャプテン翼 ワールドユース編』『みどりのマキバオー』『とっても!ラッキーマン』『新ジャングルの王者ターちゃん』『ろくでなしBLUES』など、今でも語り継がれる名作たちがそろっていたのが「1995年新年3・4合併号」。

 投票対象となる漫画は、連載中の作品および同号の読み切り作品を含む、全22作品。ジャンプ黄金期を彩った漫画作品の中から、あなたが一番好きな作品へのご投票、そして熱いコメントをよろしくお願いします!

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.