メディア

【ガリレオ・龍馬伝など】「福山雅治」が一番かっこいいと思う作品はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 福山雅治さんは、「桜坂」「家族になろうよ」など、多くのヒットソングを生み出したシンガーソングライターです。歌手活動だけにとどまらず、ラジオパーソナリティや俳優など、幅広いジャンルで活躍していますよね。

 そこで今回は、「福山雅治さんが一番かっこいいと思う作品は?」というアンケートを実施します! 強い存在感を持つ福山さんが演じるキャラクターは、どれも魅力的。あなたが思う「これはかっこよかった」「最高だった」と思えた作品を教えてください。まずは、福山さんが出演したドラマから3作品を紹介します。

advertisement

ガリレオシリーズ

 東野圭吾さんの推理小説を原作とした「ガリレオシリーズ」は、2007年と2013年にフジテレビの月9ドラマとして放送されました。後には『容疑者Xの献身』『真夏の方程式』の2本の映画が公開されており、高い人気を誇る作品です。

 福山雅治さんが演じたのは、主人公となる帝都大学理工学部物理学科の准教授・湯川学。頭脳明晰でスポーツ万能、容姿端麗とステータスは完璧。女子学生にも人気ですが、あらゆるものを数学的・理論的に解釈しようとするため、変人扱いされてしまうこともあります。「実に面白い」「実に興味深い」などのフレーズが有名ですね。

画像はフジテレビ公式動画配信サービス『FOD』より引用
advertisement

ひとつ屋根の下

 「ひとつ屋根の下」は、1993年にフジテレビで放送されたホームドラマ。両親の交通事故をきっかけに生き別れになった6人兄弟が、さまざまな困難や葛藤を乗り越えながら、兄の経営するクリーニング店でともに暮らすという物語です。1997年には続編「ひとつ屋根の下2」が放送されました。

 福山さんの役柄は、研修医となった次男・柏木雅也。血の繋がらない妹に恋をしており過去にはプロポーズをしたことがあるなど、少し複雑なキャラクターを演じていました。江口洋介さん演じる兄を呼ぶときの「あんちゃん」というセリフは、福山さんの代名詞のひとつとして多くの人の記憶に残っているのではないでしょうか。

画像はフジテレビ公式動画配信サービス『FOD』より引用
advertisement

龍馬伝

 「龍馬伝」は2010年に放送されたNHK大河ドラマ。坂本龍馬の生涯を描いたドラマで、福山雅治さんは主人公の坂本龍馬を演じました。映画「るろうに剣心」の監督を務めた大友啓史さんが率いる撮影現場は緊張感を大事にしており、10分を超える長回しは当たり前、現場での台本持ち込み禁止、という環境で撮影をしていたそうです。

 福山さんは坂本龍馬を演じる際、髪を伸ばしたり日焼けして肌を黒くするなどといった役作りを行って撮影に臨んでいました。ねとらぼ調査隊による「『大河ドラマの坂本龍馬役』人気ランキング」でも1位となっており、多くの人からいまなお支持されていることがうかがえます。

画像はNHKアーカイブスより引用
advertisement

福山雅治が一番かっこいいと思う作品は?

 これまでさまざまな役柄を演じてきた福山雅治さん。磨き抜かれた演技力があるからこそ、彼が演じる役はかっこよく輝くのかもしれませんね。

 今回のアンケートでは、福山さんが出演しているドラマ・映画から24本を選択肢にピックアップ。カメオ出演したドラマなど、選択肢にない作品に投票したい場合は「その他」に投票のうえコメント欄で作品名を教えてください。あなたが思う福山雅治さんがかっこいい作品に、投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング