メディア

【ゴジラ】「平成ゴジラシリーズに登場した怪獣」人気ランキング!  1位は「ビオランテ」に決定!【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 日本だけでなく海外でも人気の高い特撮怪獣映画「ゴジラ」。平成のシリーズは、1984年の「ゴジラ(昭和59年版)」を起点として、1995年の「ゴジラvsデストロイア」まで、同じ世界観のもとで描かれています。

 ねとらぼ調査隊では、2021年1月17日から2月16日まで、「 あなたが好きな、平成ゴジラシリーズに登場した怪獣・メカは? 」というテーマでアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは計1672票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます! それでは、投票の結果を見ていきましょう!

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用

第10位:ベビーゴジラ(リトルゴジラ・ゴジラジュニア)

 第10位は「ベビーゴジラ」でした。1993年公開の「ゴジラvsメカゴジラ」に登場する、ゴジラザウルスの幼獣です。その後、「ゴジラvsスペースゴジラ」では「リトルゴジラ」に。続く「ゴジラvsデストロイア」では、よりゴジラに近いフォルムの「ゴジラジュニア」へと成長を遂げました。

advertisement

第9位:モスラ

 第9位は「モスラ」でした。ゴジラシリーズにはおなじみの怪獣で、平成時代にはゴジラと並行して別途にモスラ単独の映画シリーズも制作されています。「ゴジラvsモスラ」ではバトラと共闘してゴジラと戦ったほか、「ゴジラvsスペースゴジラ」では「フェアリーモスラ(妖精モスラ)」という分身体も登場します。

 コメント欄からは、「もふもふモスラ!」など、マスコット的な人気の高さがうかがえました。

ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第8位:バトラ

 第8位は「バトラ」でした。地球や人類の「守護」を目的とするモスラに対し、バトラは人類を含む地球に害を及ぼすものの「破壊」を司ることから、当初はモスラと相争っていました。しかし、ゴジラの登場により共闘し、横浜みなとみらいで激戦を繰り広げます。

 最期の力を振り絞ってゴジラを北の海へと運び、ゴジラとともに海底へと沈んでいったバトラ。「モスラとの触覚でのやり取りは、泣ける。」「モスラと協力してゴジラを吊り上げたシーンは胸熱」など、感動のコメントが多く見られました。

Amazon.co.jpより引用
advertisement

第7位:スペースゴジラ

 第7位は「スペースゴジラ」でした。ゴジラ細胞が宇宙で怪獣に成長し、地球へと飛来。両肩のクリスタル様の結晶や額に生えた黄金色の角など、本家ゴジラよりも禍々しい姿をしています。

 コメント欄には、「私はスペースゴジラが最高に良いです!(中略)人間達と共闘してスペースゴジラと戦う姿が最高に良い!」といった声もありました。

 

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第6位:メカキングギドラ(キングギドラ)

 第6位は「メカキングギドラ」でした。ゴジラに敗れ、仮死状態でオホーツク海に沈んでいたキングギドラを、約200年後の23世紀から回収して改造したサイボーグ怪獣。3本首のうち中央の機械の首にコクピットがあり、ある程度の操縦も可能です。

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第5位:MOGERA

 第5位は「MOGERA」でした。Gフォースが作り上げた対ゴジラ兵器で、1957年の映画「地球防衛軍」に登場するロボット「モゲラ」をアレンジしたデザインです。戦車と戦闘機の2つに分離でき、スペースゴジラ相手にゴジラと共闘して大立ち回りを演じました。

 コメント欄には「タイトルがMOGERAvsスペースゴジラと思わせるくらいストーリーの中心を担う存在感」「直線基調でスタイリッシュなMOGERAが好きです。たとえ脇役だったとしても」といった声が見られ、根強い人気があることをうかがわせます。

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第4位:デストロイア

 第4位は「デストロイア」でした。平成ゴジラシリーズのラストを飾るにふさわしい、強力で凶悪な「完全生命体」。純粋な強さだけでなく、何度も成長・合体を繰り返すタフさも脅威です。

 コメント欄には、「デストロイアかっこいいし強いから」との声が。やはり「強さ」は怪獣の大きな魅力ですね。

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第3位:ゴジラ

 第3位となったのは、シリーズの主役「ゴジラ」。得票数は242票で、得票率は14.5%でした。

 平成シリーズでは、昭和時代よりも身長が大幅に高くなり、「ゴジラvsキングギドラ」ではついに100mに到達。さらに、どこか愛嬌のあった昭和シリーズに比べても顔もグッと引き締まり、まさに怪獣の王らしい風格を漂わせています。

 コメント欄にも、「イケメンゴジラが平成シリーズを引っ張ったと言っても過言ではない!」「歴代のゴジラの中でも平成シリーズのゴジラのデザインが一番好きなので」といった意見が見受けられました。

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第2位:スーパーメカゴジラ(メカゴジラ)

 第2位には「スーパーメカゴジラ(メカゴジラ)」がランクイン。得票数は268票で、得票率は16%でした。

 前出のキングギドラの残骸をもとに未来の技術を解析し、Gフォースが完成させた 対G兵器「メカゴジラ」 。幕張の最終決戦ではガルーダと合体して「スーパーメカゴジラ」となり、ゴジラを追い詰めました。

 コメント欄には「これ以上に男心をくすぐる兵器は無い!!!」「合体シーンが、かっこよすぎる。」「スーパーメカゴジラがカッコいい」といった声がちらほら。怪獣映画であっても、やはり合体メカは人気のようです。

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用
advertisement

第1位:ビオランテ

 そして、第1位となったのは平成vsシリーズで初めてゴジラと対決した怪獣「ビオランテ」でした。得票数は323票で、得票率(19.3%)を獲得しています。

 人間とバラとゴジラの細胞の融合により誕生した怪獣という設定と、その裏にある哀しいストーリーが印象的です。成長の過程で姿を変える怪獣は多々ありますが、巨大なバラの花を咲かせた花獣形態は特に斬新。また、ゴジラよりもさらに巨大になり、より強く動物と植物の特徴を表した植獣形態のデザインも怪獣好きの心を大きくくすぐります。

 コメント欄にも、「植獣形態初見時のインパクトが忘れられないのでビオランテで」「三度の飯よりビオランテ!!!」「ビオランテは単にかっこいいだけじゃない魅力がいっぱいの怪獣です!」といった声が並びました。

「ゴジラオフィシャルサイト」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.