メディア

【北斗の拳】戦士キャラクターの人気ランキング 1位は「レイ」に決定!【2021最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、2021年2月6日から2月17日までの間、『北斗の拳』の戦士キャラクター人気投票を実施しました。

 1983年に『週刊少年ジャンプ』で連載が始まった『北斗の拳』は、核戦争によって荒廃した世界を舞台に、北斗神拳の伝承者である主人公ケンシロウとライバルたちの生き様を描いたバトルアクション漫画。連載終了後も世代を超えて多くのファンに愛され、今なお根強い人気を誇ります。

 今回の人気投票では、5623票の投票をいただきました。それでは、アンケート結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:シン

 第10位に入ったのは、南斗孤鷲拳の伝承者にして、「殉星」の宿命を負う南斗六聖拳の一人「シン」。得票数は115票(全体の2.0%)でした。主人公のケンシロウから許嫁のユリアを奪い、彼の体に北斗七星型の傷をつけた、最初の宿敵にして強敵(とも)。ユリアへの愛に生きた彼の一途な生き様、そしてケンシロウが彼を弔ったシーンは、とても感動的でしたね。

advertisement

第9位:アイン

 第9位には「アイン」がランクイン。得票数は135票(全体の2.4%)でした。自己流のケンカ拳法で戦う賞金稼ぎで、最初は賞金首のケンシロウと敵対していましたが、後に北斗の軍に参加。愛娘のアスカを何より大切に思う彼の生き様は、とても魅力的でしたね。仲間たちに見守られた「カッコよすぎる」最期、そして「わたしが泣いたらパパ眠れない」と涙をこらえるアスカの姿は、感涙ものでした。

advertisement

第8位:ジャギ

 第8位にランクインしたのは、北斗4兄弟の三男にしてケンシロウの義兄「ジャギ」。得票数は188票(全体の3.3%)でした。

 「兄よりすぐれた弟なぞ存在しねえ!」という思想の持ち主で、ケンシロウが北斗神拳の伝承者に選ばれた際も納得できずに彼を襲撃。銃を突きつけて辞退を迫るなど、彼を強く嫌悪していました。最期まで非道の限りを尽くした彼は、清々しさすら覚える気持ちの良い悪役でしたね。

advertisement

第7位:ケンシロウ

 第7位には、本作の主人公で北斗神拳の第64代伝承者「ケンシロウ」がランクイン。得票数は249票(全体の4.4%)でした。

 非道な相手には容赦しない一方、自分が認めた強敵(とも)には敬意を払うなど、情にあふれる拳士でもあります。たとえ敗れても何度でも立ち上がり、好敵手や仲間たちの思いを背負って戦い抜く姿には、思わず心を打たれます。

advertisement

第6位:ラオウ

 第6位に入ったのは、ラオウ。得票数は341票(全体の6.1%)でした。北斗4兄弟の長男で北斗神拳の使い手ですが、あまりに強い野心を秘めていたため伝承者には選ばれず、やがて「世紀末覇者拳王」として暴力で世界を支配します。

 そんな恐怖の代名詞だったラオウも、拳士たちとの戦い、そしてユリアとの関わりを通じて、愛と哀しみを知る拳士へと成長。「わが生涯に一片の悔いなし!」と天に拳を突き上げた姿は、少年漫画史に残る名シーンの一つです。

advertisement

第5位:トキ

 第5位には、北斗4兄弟の次男「トキ」がランクイン。得票数は392票(全体の7.0%)でした。

 北斗神拳の伝承者に最も相応しいといわれた作中屈指の実力者ながら、核戦争の時に不治の病を患ってしまい、継承者争いから離脱。その後は世界を周り、北斗神拳の原理を応用した技術で、人々を救う旅を続けていました。そんな情に厚い彼の姿は、見ていて胸を打つものがありましたね。

 コメント欄には「この作品を見た時から、トキが何故かずっと好き!」「トキが被ばくしていなければ……」といった声が寄せられました。

advertisement

第4位:サウザー

 第4位に入ったのは、南斗鳳凰拳の伝承者で「将星」の宿命を背負った南斗六聖拳の一人「サウザー」。得票数は486票(8.6%)でした。

 拳士としての実力と優れた頭脳で覇道を突き進む非情な人物ですが、昔は心優しい青年でした。しかし、孤児だった自分を拾い、優しく育ててくれた師・オウガイを継承の儀式で自ら殺してしまい、愛深き故の哀しみを知って「愛などいらぬ!」と絶叫。暴君への道を歩むことになってしまいます。

 コメント欄には「サウザーが絶対かと」「退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ! やはりサウザーの振り切れ方は魅力です!」といった声が寄せられました。

advertisement

第3位:シュウ

 第3位には、南斗白鷺拳の伝承者で「仁星」の宿命を背負う南斗六聖拳の一人「シュウ」がランクイン。得票数は500票(全体の8.9%)でした。

 作中屈指の人格者で、南斗十人組手では敗れたケンシロウの命を救うため、自分の両目を差し出しました。盲目となった後も、覇道を突き進むサウザーを止めるべく反乱軍とともに戦場へ立つなど、どんな自己犠牲も厭わない生き様を見せます。また戦いでは蹴り技を主体とした華麗な戦いを見せるなど、全てにおいて美しい拳士です。

 コメント欄には「義の漢シュウに1票!」「最後にケンシロウの顔が見れて良かった」といった声が寄せられました。

advertisement

第2位:ジュウザ

 第2位には、南斗五車星の一人「ジュウザ」がランクイン。得票数は1036票(全体の18.4%)でした。拳法は我流ですが、その実力はラオウすら恐れるレベルでした。

 「雲」の二つ名のように自由に生きてきた彼ですが、最愛のユリアへの恋が実らないのを知り、しばらくは南斗五車星の務めも忘れて世捨て人のような有様に。その後、ある経緯から愛するユリアのために戦場へ立ち、彼女のために全てを賭けてラオウに挑みます。何物にも縛られない彼がユリアを深く愛し、彼女のために生きる姿には、とても胸が熱くなりますよね。

 コメント欄には「天性の才能で我流の拳。生き方も憧れる」「ジュウザが一番。雲みたいに生きたい」といったメッセージが寄せられました。

advertisement

第1位:レイ

 見事、第1位に輝いたのは、南斗水鳥拳の伝承者にして「義星」の宿命を背負う南斗六聖拳の一人「レイ」でした。得票数は1383票で、全体の24.6%を占めました。

 ケンシロウと長らくともに戦ったパートナーであり、他人のために生き抜いた、義にあふれる人物でした。僅かな余命を愛するマミヤのために捧げ、最期まで彼女の幸せを案じていました。

 コメント欄には「あなたの生き様は、未だに私の心に残っています」「レイが死ぬほど好き」「ケンシロウの相棒で、美しく散っていったレイはカッコいいです」など、たくさんの声が寄せられました。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.