メディア

【キャプテン翼】必殺シュートの人気ランキングTOP24! 1位は松山光の「イーグルショット」に決定!【2021最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、2021年3月1日から3月14日まで「『キャプテン翼』で一番好きな必殺シュートは?」という人気投票を実施していました。

 今回のアンケートには、1168票の投票をいただきました。またコメント欄には、思い入れのある必殺シュートへの熱いコメントも。ありがとうございました!

 それでは、アンケート結果を見ていきましょう。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第10位:カミソリシュート(早田誠)

 第10位は、早田誠の「カミソリシュート」です。得票数は39票(全体の3.3%)でした。

 主人公の翼と同じくドライブシュートの開発に挑むも断念し、代わりに横回転に磨きをかけて完成させたシュートで、キーパーの手前で鋭く曲がるのが特徴です。「中学生編」の南葛中との一戦では、見事に先制点を挙げる活躍を見せましたが、最終盤に放った隠し玉の逆回転バージョンを翼と森崎の連携に防がれてしまいました。

advertisement

第8位:雷獣シュート(日向小次郎など)

 第8位には、42票(全体の4.2%)を獲得して、2つの必殺シュートがランクイン。その一つは「雷獣シュート」でした。

 主人公・翼のライバルの一人である日向小次郎が編み出した必殺シュートで、大木すら破壊する驚異的な威力を秘めています。わざと地面を蹴り、その反動でしならせた足でボールを振り抜くことで、キーパーの手前で大きく浮き上がるのが特徴。作中では日向小次郎のほかにも、岬太郎など数人が披露しました。

advertisement

第8位:ネオタイガーショット(日向小次郎)

 雷獣シュートと同じく第8位に入ったのが、こちらも日向小次郎の生み出した「ネオタイガーショット」でした。

 日向のジュニアユース時代に、通常のボールより3倍重いブラックボールを使った修行で編み出された、タイガーショットの進化版です。その威力は作中屈指の威力を誇る、シュナイダーのファイヤーショットに匹敵するほど。対戦相手の指を叩き折ったり、ゴールネットに突き刺さったボールが煙を上げたりと、その破壊力は読者に衝撃を与えました。

advertisement

第7位:ドライブシュート(大空翼など)

 第7位は、主人公である大空翼のほか、多くの選手が使用した「ドライブシュート」。得票数は58票(全体の5.0%)でした。

 翼はサッカーの師匠であるロベルトの教えをもとに、中学時代にドライブシュートを会得しました。強烈な縦回転がかかったボールは、ゴール手前で急降下し、そのままゴールへ吸い込まれます。またボールが激しく回転しているため、普通に止めようとしても手を弾かれてしまうという、凄まじいシュートです。

advertisement

第6位:反動蹴速迅砲(肖俊光など)

 第6位には、中国ユースの肖俊光(しょうしゅんこう)らが放った「反動蹴速迅砲」がランクイン。得票数は68票(全体の5.8%)でした。相手の蹴ったボールを蹴り返して威力を増大させるカウンターシュートで、若林源三が初めてペナルティエリア外からのシュートで失点した、必殺シュートでもありました。

 コメント欄には「ペナルティエリア外からのシュートで、あの若林が一歩も動けなかった反動蹴速迅砲は衝撃でした」「対戦相手の力をも利用する難しさ(いつ発動できるか予測不可能)を備えた反動蹴速迅砲を推す」といった声が寄せられました。

advertisement

第5位:スカイラブハリケーン(立花政夫、立花和夫)

 第5位にランクインしたのは、作品を代表する必殺シュートの一つ、立花政夫と立花和夫の「スカイラブハリケーン」でした。得票数は72票(全体の6.2%)でした。

 シュートは、まず一人がピッチの上に仰向けとなって両足の裏を空に向け、もう一人がその上に飛び乗ります。そして下の選手が上の選手を勢いよく蹴り上げてロケットのように打ち上げ、飛び上がった選手が空からシュートを放つという、曲芸のようなインパクトあるシュートです。

 マネした人も多かったようで、コメント欄には「友達とハリケーン練習したけど、まず足の上に乗れない(笑)」といった声が寄せられました。

advertisement

第4位:ツインシュート(大空翼、岬太郎)

 第4位には、翼と岬の「ツインシュート」が入りました。得票数は91票(全体の7.8%)でした。

 2人で同時にボールを蹴ることで不規則な回転がかかり、ボールが分裂したように見えるため止めるのが困難になるという必殺シュート。翼たちが小学生時代に明和FCと対戦した際、偶然誕生しました。その後、このシュートをベースとした新たな必殺シュートも数多く生み出されました。

advertisement

第3位:タイガーショット(日向小次郎)

 第3位には、日向小次郎の「タイガーショット」が入りました。得票数は98票(全体の8.4%)でした。

 中学時代、沖縄のサッカースクールへ修行に渡った日向が編み出した必殺シュートで、若島津が速すぎて反応できなかったというほどの威力を誇ります。シュートのインパクトはもちろん、決闘状や土下座など、シュート誕生に絡むエピソードも良かったですよね。

 コメント欄でも推す人が多く、「コンクリートにめり込む演出がかっこ良すぎ!」「中学生編の熱さを象徴するシュート」といった声が寄せられました。

advertisement

第2位:ファイヤーショット(シュナイダー)

 第2位には、ドイツの若き皇帝・シュナイダーの必殺シュート「ファイヤーショット」がランクイン。得票数は123票(全体の10.5%)でした。

 その威力は日向のタイガーショットをも上回るほどすさまじく、若嶋津を負傷に追い込むなど、多くのキーパーを苦しめてきました。ゴールネットに叩き込まれたボールが焦げた臭いを放つという、恐ろしいシュートです。

advertisement

第1位:イーグルショット(松山光)

 見事、第1位に輝いたのは、松山光の「イーグルショット」でした。得票数は290票で、全体の24.8%を占めました。

 ピッチすれすれを超低空飛行するロングシュートで、シュート名は日向のタイガーショットになぞらえて命名されました。シュートはもちろん、努力家でチーム思いという松山の人柄なども合わさって、とても印象に残るシュートでしたね。

 コメント欄でも「ゲームでのセリフ『ここだ! ここできめるんだ!』がカッコいい」「こんなもんイーグルショット一択ですよ!」「やっぱりイーグルショットです! 松山くんが大好き!」「低空飛行の地を這うシュート、かっこ良くて憧れた」など、多くのファンから推す声が寄せられました。

コメント欄では「サイクロン」などに反響が集まる

 投票項目以外の必殺シュートがイチオシという場合は「その他」へ投票いただき、コメントでシュート名を教えてもらいました。その中でも特に多かったのが「サイクロン」。

 「サイクロン」は、ボールにバックスピンをかけて真上に打ち上げ、ドライブシュートを放つというゲームオリジナルの必殺シュート。ネオサイクロン、ブーストサイクロンなど進化したバージョンもあり、コメント欄では「サイクロンはかっこ良かった」「ゲームありならブーストサイクロン」といった声が寄せられていました。

 その他にも「ダブルイール」「原作のみなら閃光雷獣シュート」「スカイラブツインですね」「石崎くんのヤマザルバスター」など、たくさんのコメントをいただいています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.