メディア

【久保田利伸】人気シングル曲ランキングTOP42! 第1位は「CRY ON YOUR SMILE」【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、2月5日から2月18日までの間、「あなたの好きな久保田利伸のシングルは?」というアンケートを実施していました。

 久保田利伸さんは、1986年にシングル「失意のダウンタウン」でメジャーデビューして以降、日本に本格的なR&Bを根づかせた第一人者として活躍してきました。そんな独創性に富んだ久保田さんのシングル曲の中で、人気を集めたのはどの曲でしょうか? 早速見ていきましょう!

 今回の投票では、1487票の投票をいただきました。投票へのご参加、ありがとうございました!

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第10位:夢 with You

 第10位は「夢 with You」。1980年代に流行した音楽ジャンル、アダルト・オリエンテッド・ロックのテイストを取り入れた楽曲。大人の色気が漂うナンバーです。

advertisement

第9位:夜に抱かれて ~A Night in Afro Blue~

 第9位は「夜に抱かれて ~A Night in Afro Blue~」。主題歌となった日本テレビ系ドラマ「夜に抱かれて」の物語とシンクロしています。

advertisement

第8位:声にできない

 第8位は「声にできない」。タイトルの通り、声にできない切ない恋がテーマの曲です。歌詞の1番を英語、2番以降を日本語で歌ったバージョンは、映画「夜明けの街で」の主題歌に採用されています。

advertisement

第7位:You were mine

 第7位は「You were mine」。フジテレビ系の人気トレンディドラマ「君の瞳をタイホする!」の主題歌で、ファンキーなメロディは派手な時代背景と絶妙にマッチしていました。

advertisement

第6位:LOVE RAIN ~恋の雨~

 第6位は「LOVE RAIN ~恋の雨~」。フジテレビ系月9ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」の主題歌として、久保田利伸さんが作詞・作曲しました。恋の魔法や恋が降らせた雨など、胸キュンするワードが盛りだくさんです。

advertisement

第5位:雨音

 第5位は「雨音」。1991年にリリースされた一曲で、アルバム「Parallel World II KUBOSSA」にはセルフカバーが収録されました。失恋による傷心を雨模様に重ね合わせたラブソングです。

advertisement

第4位:LA・LA・LA LOVE SONG

 第4位は「LA・LA・LA LOVE SONG」。人気モデルのナオミ・キャンベルとコラボしたミディアムバラードで、フジテレビ系月9ドラマ「ロングバケーション」の主題歌としても人気を博し、大ヒットを記録しました。

advertisement

第3位:Cymbals

 第3位は、TBS系金曜ドラマ「君が人生の時 The Time of Your Life」の主題歌 「Cymbals」。得票数は118票と、全体の7.9%の票を獲得しました。

 久保田さんと、彼の盟友である柿崎洋一郎さんが共同プロデュースを務めた一曲。スローテンポの美しいサウンドに乗せて、久保田さんが心にしみる切ないフレーズをソウルフルな歌声で歌い上げます。

advertisement

第2位:TIMEシャワーに射たれて…

 第2位は「TIMEシャワーに射たれて…」でした。得票数は141票と、全体の9.5%の票を獲得しました。

 デビュー1年目に発表したセカンドシングルで、めまぐるしく曲調と音階が変わるなど、新人離れした技術の数々が詰まっています。特にゴスペル風のバラードとラップを織り交ぜたAメロは秀逸で、発表当時はその大胆な構成が業界で注目を集めました。

advertisement

第1位:CRY ON YOUR SMILE

 第1位は「CRY ON YOUR SMILE」でした! 得票数は176票と、全体の11.8%の票を獲得しました。

 大切な人との別れがテーマの曲で、離れ離れになっても変わらない思いを久保田さんが切々と歌い上げています。本作のリリースを機に、メロディメイカーとして久保田さんの実力が世に知れ渡るようになりました。1991年、緒形拳さん主演の映画「咬みつきたい」の主題歌に採用されました。

 寄せられたコメントには、「CRY ON YOUR SMILEが大好きです。中学3年の時の彼女を思い出します」という声がありました。

まとめ

 今回のアンケートでは、250件以上のコメントをいただきました。「中学生の時に毎日聞いてました」「最近、古いCDを引っ張り出して聞いています」など、たくさんの思い出の声が寄せられました。ありがとうございました!

 すべての順位は、次のページより確認できます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.