メディア

【犬種】人気ランキングTOP36! 第1位は圧倒的な支持を得た「柴犬」に!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 3月22日から4月4日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたの好きな犬種はどれ?」というアンケートを実施していました。

 アンケートの投票対象は、ねとらぼ編集部でピックアップした人気の高い犬種36種類。好きな犬種が選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメントで犬種名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数6816票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:ヨークシャー・テリア

 第10位はヨークシャー・テリアでした。得票数は128票、得票率は1.9%となっています。

 「ヨーキー」の愛称で親しまれているヨークシャー・テリア。イギリスのヨークシャー地方で19世紀の中ごろから、ネズミを捕るための狩猟犬として飼われていました。シルクのような長毛が特徴的で、活発な性格の子が多く、もの覚えもよい犬種です。

画像は「写真AC」より
advertisement

第9位:シェットランド・シープドッグ (シェルティー)

 第9位はシェットランド・シープドッグでした。得票数は140票、得票率は2.1%となっています。

 イギリス最北端にあるシェットランド諸島を原産地とする、シェットランド・シープドッグ。「シェルティー」の愛称で親しまれており、活発で遊び好きな犬種です。飼い主や家族にはとてもなつく一方で、知らない人には強い警戒心を見せやすいため、番犬にも向いています。

画像は「写真AC」より
advertisement

第8位:シー・ズー

 第8位はシー・ズーでした。得票数は159票、得票率は2.3%となっています。

 中国を原産地とするシー・ズーは、「獅子狗(シーツーコウ)」と呼ばれ、中国宮廷では聖なる犬として大切に扱われていました。社交的でおだやかな性格の子が多く、人や他の犬に対しても友好的です。

画像は「写真AC」より
advertisement

第7位:ゴールデン・レトリーバー

 第7位はゴールデン・レトリーバーでした。得票数は177票、得票率は2.6%となっています。

 ゴールデン・レトリーバーはイギリスを原産地とする大型犬です。バランスが取れたたくましい体つきで、美しい金色やクリーム色の毛並みを持っています。人なつこい性格で賢くおだやか。人にも他の犬にもフレンドリーな犬種として親しまれており、盲導犬や災害救助犬などとしても活躍しています。

画像は「写真AC」より
advertisement

第6位:ウェルシュ・コーギー(コーギー)

 第6位はウェルシュ・コーギーでした。得票数は273票、得票率は4%となっています。

 一般的に「コーギー」と呼ばれる犬種で、イギリスのウェールズ・ペンブルックシャー地方が発祥。コンパクトな体つきが特徴で、牧羊犬として活躍していた歴史があります。イギリス王室の人びとに愛されており、2021年3月にはエリザベス女王が新たに2匹の子犬を迎え入れたそうです。

画像は「写真AC」より
advertisement

第5位:プードル

 第5位はプードルでした。得票数は282票、得票率は4.1%となっています。

 人にもよくなつくプードルは、体の大きさによりスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイと分けられています。毛色はレッド系やホワイト、ブラック、アプリコットなど10色以上。ふわふわなカールの毛が特徴で、カットでお洒落をさせてあげられるのも魅力のひとつです。

 飼い主に対しては甘えん坊かつ温厚ながら、好奇心旺盛で運動神経も抜群。とくに知能は、全犬種のなかで2番目に高いともいわれています。

画像は「写真AC」より
advertisement

第4位:チワワ

 第4位はチワワでした。得票数は294票、得票率は4.3%となっています。

 うるうるでまんまるの瞳が愛らしいチワワ。国際機関に公認されている、世界一小さな犬種でもあります。しかし、かわいらしい容姿に反して意外と性格は冒険心旺盛かつ活発。もともと山間部で活躍していた犬種のため、体力もありタフなので、散歩や遊び、運動も大好きです。

 チワワには、柔らかな長い毛と飾り毛を持つ「ロングコートチワワ」と、艶のある短毛の「スムースコートチワワ」の2つのタイプが存在。毛色は単色〜3色くらいまであり、眉毛のような模様は「タン」と呼ばれます。

画像は「写真AC」より
advertisement

第3位:ポメラニアン

 第3位はポメラニアンでした。得票数は307票、得票率は4.5%となっています。

 ポメラニアンはドイツ原産の犬種で、名前はドイツとポーランドの国境にまたがるポメラニア地方にちなんでつけられました。イギリスのビクトリア女王に愛された犬種として著名で、この時代から小型化が進んだといわれています。フワフワの毛が特徴的で、毛色のバラエティに富んでいるところもキュートですよね。とても活発な性格で、飼い主に対する忠誠心も強めです。

画像は「写真AC」より
advertisement

第2位:ダックスフント(ミニチュアを含む)

 第2位はダックスフント(ダックスフンド)でした。得票数は346票、得票率は5.1%となっています。

 ダックスフントはドイツ原産とされる犬種で、胴長短足の容姿が特徴的。巣穴にいるアナグマを狩るために改良が進められ、現在のような姿になりました。性格は明るく甘えん坊で、元々狩猟犬だったこともあり、遊んだり運動したりするのも大好きです。なお「ダックスフンド」と濁点になるのは英語読みで、ドイツでは「ダックスフント」と呼ばれるのが一般的。

 コメントでは「ダックスは天真爛漫で甘えん坊、大人になってもよちよち歩きでかわいい」「いくつになっても甘えん坊で、赤ちゃんみたいでいとおしい」といった声が寄せられていました。

画像は「写真AC」より
advertisement

第1位:柴犬(豆柴を含む)

 第1位は柴犬でした。得票数は3036票、得票率は44.5%となっています。

 柴犬は日本犬の代表として古くから親しまれており、天然記念物にも指定されている犬種です。賢くおとなしい性格で、古くは狩猟犬や番犬としても扱われていました。そのため運動能力が高く、活発な性格。頭も賢く飼い主に忠実で我慢強いですが、ちょっと頑固なところもあります。

 コメントでは「キリッとした顔といでたち、くるっと巻いたしっぽに魅了された」「家では猫のように甘えてくる」「賢いし見た目も好き!」「柴犬の行動はとにかく面白い! それぞれに個性がある」といった声が寄せられていました。

画像は「写真AC」より

コメント欄では……

 今回のアンケートでは、投票したい犬種が選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメント欄で犬種を教えてもらいました。コメント欄を見てみると、「雑種。個性豊かで愛嬌がいっぱい」「グレートピレニーズ。大きいけどおとなしいですよ」「スコティッシュテリア。頭がいいがおっちょこちょい、気が強いが甘えん坊!」「バーニーズマウンテンドッグ。もともと大型犬が好きなので、パワフルで愛嬌のある子、飼いたいな……」など、さまざまな犬種についてコメントが寄せられていました。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング