メディア

【三谷幸喜脚本】好きなドラマランキングTOP21! 第1位は「王様のレストラン」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、3月9日から3月22日まで「あなたが好きな三谷幸喜脚本のドラマ作品はどれ?」という人気投票を実施しました。

 投票対象は、三谷幸喜さんが脚本を手がけるテレビドラマ全21作品。好きな作品が選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメントで作品名を教えてもらいました。

 今回の投票では、2260票が集まりました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございます! それでは、気になる順位を見ていきましょう。

画像は「三谷幸喜公式Twitter」より引用
advertisement

第10位:総理と呼ばないで

 第10位は、1997年に放送された「総理と呼ばないで」でした。性格が悪く支持率も最悪な総理大臣が主人公で、側近たちが総理大臣のボロが出ないように奔走するコメディチックなテレビドラマです。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:合い言葉は勇気

 第9位は、2000年に放送された「合い言葉は勇気」でした。のどかな村に産業廃棄物処理場を建設するという話が持ち上がり、落ち目の俳優が弁護士に扮して建設業者に立ち向かいます。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:HR

 第8位は、2002年から2003年にかけて放送された「HR」でした。定時制学校で繰り広げられるドタバタ劇で、チャラい教師と個性的すぎる生徒たちが繰り広げるシチュエーション・コメディ。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第7位:勝呂武尊シリーズ

 第7位は、アガサ・クリスティ原作の小説をベースに、舞台を日本に移した「勝呂武尊シリーズ」でした。3部作になっており、いずれも原作に忠実に作られた本格サスペンスドラマです。

画像は「勝呂武尊シリーズ公式Twitter」より引用
advertisement

第6位:やっぱり猫が好き

 第6位は、1988年から1991年まで放送されたロングラン作品「やっぱり猫が好き」でした。とあるマンションに住む3姉妹が、日常で起こる出来事に振り回されるコメディです。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:振り返れば奴がいる

 第5位にランクインしたのは、1993年に放送された「振り返れば奴がいる」でした。医師同士の水面下の抗争が激化する病院に、真面目で正義感が強い医師・石川が着任。治療のためなら手段を選ばない傲慢な医師・司馬と衝突するなど、病院内の裏側を描いた医療ドラマです。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:新選組!

 第4位は、2004年に放送された「新選組!」でした。大河ドラマとしては異色である、コメディ色を程よく取り入れながらシリアスな展開に持っていく構成は、三谷さんならでは。新選組局長・近藤勇を主人公とした青春群像劇で、若手俳優を多数起用したことでも注目を浴びました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:真田丸

 第3位は、2016年放送に放送された「真田丸」でした。三谷さんが手がける大河ドラマとしては2本目となる作品です。投票数は278票で全体の12.3%の票を集める結果となっています。

 戦国を駆け抜けた武将・真田信繁(幸村)が時代に翻弄されながら、青年期や大坂の陣で自身が築いた堅牢な砦「真田丸」の戦い、そして自害に至るまでを描く作品。本作ではストーリー性が重視され、信繁が、戦乱の中で起こるさまざまな出来事を見つめてもがき苦しむ姿が印象的でした。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:古畑任三郎シリーズ

 第2位は、1994年から2008年までシリーズ化された「古畑任三郎シリーズ」です。得票数は513票で、全体の22.7%の票を獲得しました。

 古畑任三郎の強烈で個性的なキャラクターはもちろん、最初に犯人が事件を起こすシーンから始まる倒叙システムであること、犯人役に大物俳優やトップスターを起用することでも話題に。コメントでは「犯人の動機を重視するから、人間の悲しさや愚かさが感じられる」と、登場人物の心情に注目していたとの声が寄せられていました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:王様のレストラン

 第1位は、1995年に放送された「王様のレストラン」。投票数は633票で全体の28.0%の票を集めました。

 崖っぷちに立たされたフレンチレストラン「ベル・エキップ」。やる気のないスタッフたちが諦めムードの中、伝説のギャルソン・千石がやってきます。千石に触発されたスタッフが、レストランの再建に向けて奔走するストーリーです。

 人間味あふれるスタッフたちと、物腰は低くも頑固な千石というキャラクターのミスマッチが笑いを呼びつつ、徐々にスタッフが奇跡を起こしていく展開は温かくて痛快。コメント欄には「ストーリーも面白かったし、料理の勉強になり、主題歌が平井堅さんで良かったです」「めちゃくちゃ面白い!」など、多くの声が寄せられました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ドラマ」のアクセスランキング