メディア

【24卒の就活生が選ぶ】建設・住宅業界の「就職人気企業」ランキングTOP10! 第1位は「住友林業」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所は、2024年春入社予定の大学生・大学院生を対象とした「就職ブランドランキング」について調査を行い、その結果を発表しました。

 本記事では、その中から「建設・住宅」でのランキングを紹介します。建設・住宅業界の中で多くの就活生から支持を集めたのはどの企業だったのでしょうか。ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年3月16日~2023年6月30日
調査対象2024年春入社希望の「ブンナビ」会員 (現大学4年生、現大学院2年生)
有効回答数1万4207人

(出典元:文化放送キャリアパートナーズ「2024年入社希望者 就職ブランドランキング調査(後半)を発表」

advertisement

【24卒の就活生が選ぶ】建設・住宅業界の「就職人気企業」ランキング!

画像はイメージです(画像:写真AC
advertisement

第2位:鹿島建設

 第2位は「鹿島建設」でした。東京都港区に本社を置く、1840年に創業という長い歴史を持つ大手総合建設会社。スーパーゼネコンとも呼ばれる日本のゼネコン大手五社の一角です。「100年をつくる会社」をスローガンに掲げ、建物だけでなく、鉄道・ダム・発電所など建設も手がけています。

 また、次世代建設生産システムや持続可能な環境配慮型コンクリートの開発、洋上風力発電の導入や水素サプライ事業の開始といった、環境保全を見据えた事業にも力を入れています。さらには、宇宙基地構築を目指したJAXAとの共同研究をスタートさせるなど、次世代に向けた取り組みを進めています。

advertisement

第1位:住友林業

 第1位は「住友林業」でした。東京都千代田区大手町に本社を置く企業。住友グループの源流にあたる別子銅山に伴って開始した、「銅山備林」経営をルーツとする長い歴史を持つ会社で、林業や木材建材事業だけでなく、住宅事業や不動産事業なども手がけています。

 そんな住友林業では、自社で働く社員を「人材」ではなく「人財」と称して大切にし、社員の育成に注力。「自立と支援」をキーワードに自由闊達な社風を作り出し、経営理念を実現することを基本方針としています。非常に充実した研修制度も備えているので、社員たちは大きくスキルアップすることができるでしょう。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「就職・転職」のアクセスランキング