メディア

「夏のエアコン利用時間が長かった都道府県」ランキングTOP20! 第1位は「秋田県(14.29時間/日)」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 パナソニックは、エアコン「エオリア」のアプリ「エオリア アプリ」に接続したユーザーの利用データをもとに、「夏のエアコン使用実態調査」を実施。8月のエアコン冷房利用時間と利用増加時間(昨年同月比)を、それぞれ算出しました。

 本記事では、その中から「夏のエアコン利用時間ランキング 2023」を紹介します。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査方法エオリアアプリに接続したエオリアユーザーの利用データをもとに調査

(出典元:パナソニック「エアコンのプロ・パナソニック エアーマイスターが教えるエアコン夏じまい」

advertisement

「夏のエアコン利用時間が長かった都道府県」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:青森県(13.32時間)

画像:写真AC

 第2位は「青森県」。エアコン利用時間は1日平均13.32時間、1カ月平均412.88時間でした。

 青森県は本州の最北端に位置していて、台風の影響が少ない地域としても知られています。世界自然遺産にも登録された「白神山地」をはじめ、「十和田八幡平国立公園」「三陸復興国立公園」などの自然公園も点在。名産のリンゴはもちろん、大間のマグロなど海産物も有名です。その他、三大ねぶた祭りや温泉など、さまざまな魅力のあるエリアです。

 気象庁によれば2023年8月の青森県の最高気温は平均32.8度で、昨年より4.9度上昇。また平均気温は28.0度と、昨年と比べて4.4度上昇していました。

advertisement

第1位:秋田県(14.29時間)

画像:PIXTA

 第1位は「秋田県」。エアコン利用時間は1日平均14.29時間、1カ月平均442.91時間でした。

 東北地方に位置し、日本海に面する秋田県。気候は夏季が短い北国型で、季節の区分が比較的はっきりしていることが特徴です。豊かな自然に恵まれており、秋田杉や米などの名産品が豊富な他、観光地や温泉も多く、「なまはげ」など伝統的な文化も楽しめます。

 気象庁によれば、2023年8月の秋田県の最高気温は平均35.0度と、昨年より6.2度上昇。また平均気温は30.0度と、昨年と比べて5.0度上昇しました。涼しいイメージの強い東北エリアの2県が、上位を占める結果となりました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.