メディア

【SMAP】草彅剛出演のドラマであなたが一番好きな作品はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 俳優として数々のドラマや映画に出演し、2021年の第44回日本アカデミー賞では最優秀主演男優賞に輝いた草彅剛さん。高い演技力が評価されている草彅さんですが、意外にもSMAPのメンバーの中でも遅めの俳優デビューを飾っています。

 今回は「草彅剛出演のドラマであなたが一番好きな作品はどれ?」というテーマで人気投票を実施します! お気に入りの作品にぜひ投票してください。まずは一部の作品を解説します。

advertisement

青天を衝け

 「青天を衝け」は2021年のNHK大河ドラマで、主人公の渋沢栄一を吉沢亮さんが演じています。草彅さんは徳川幕府の第15代将軍となる徳川慶喜を演じており、念願の大河出演となりました。

 新しい時代へと向かう日本で最後の将軍という役柄に、草彅さん出演決定の一報はファンを歓喜させました。現在放送中の作品ですので、これからの展開に目が離せません。

画像「NHKオンライン」より引用
advertisement

銭の戦争

 「銭の戦争」は、2015年に放送されたドラマです。草彅さんが演じたのは、証券会社のエリートサラリーマンとして生きてきたものの、父親が残した借金によりどん底へとたたき落とされた白石富生。

 職も失った富生はあろうことか父に金を貸していた高利貸しに就職し、「すべてを金で取り戻す!」とリベンジを誓います。重苦しいテーマを扱いつつもコミカルさをまじえたストーリーで人気を獲得。テーマソングにはSMAPの「華麗なる逆襲」が起用されました。

advertisement

任侠ヘルパー

 「任侠ヘルパー」は、2009年に放送されたドラマです。草彅さんは、振り込め詐欺で生計を立てる極道でありながら、介護施設のヘルパーとして働くことになる翼彦一を演じました。

 高齢化社会や介護といった社会問題に任侠道を絡めるという、一見突拍子もないようなストーリーながら、リアルな描写に引き込まれた人も多かったのではないでしょうか。草彅さんのパブリックイメージをくつがえすような、極道役を演じきった演技力にも注目が集まりました。テーマソングに使われたのはSMAPのシングル「そっと きゅっと」です。

advertisement

僕の生きる道

 「僕の生きる道」は2003年に放送されたドラマで、胃がんになった高校教師の生涯を描いた作品です。主人公の中村秀雄を演じたのは草彅さんで、人生をともにするヒロインのみどりを演じたのは矢田亜希子さん。

 テーマソングにはSMAPのアルバム曲「世界に一つだけの花」が使われて反響を呼び、後にシングルカットされて大ヒットを記録しました。普通に生きてきた人の夢と現実、生と死を描いたストーリーは涙なしに見ることはできません。

advertisement

フードファイト

 「フードファイト」は、2000年に放送されたドラマです。草彅さんの役は、普段は清掃員として働きながら、大食いを競う闇の賭博「フードファイト」で賞金を稼ぎ、自分が育った孤児院に寄付をしているフードファイター・井原満。

 毎回登場するゲストが豪華で、料理を次々と平らげる大食いシーンは手に汗握るものがありました。テーマソングにはSMAPの「らいおんハート」が起用され、ドラマに登場する九官鳥の声を木村拓哉さんが当てていたことも話題になりましたよね。

advertisement

いいひと。

 「いいひと。」は1997年に放送されたドラマで、高橋しんさんの同名漫画を原案とする作品です。草彅さんが演じたのは、北海道出身でスポーツメーカーに就職したお人好しな青年、北野優二。

 周囲の人を幸せにすることが自分の幸せという信念に従って行動する姿には、人を惹きつける魅力が詰まっていました。草彅さんの連続ドラマ初主演作であり、出世作でもあります。テーマソングにはSMAPの「セロリ」が使われました。

 以上、投票対象となるドラマの中から6作品を紹介しました。アンケートでは、全31作品のドラマが投票対象となります。もし好きな作品が選択肢にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで作品名を教えてください。

 それでは、下のアンケートよりご投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート:草彅剛の出演ドラマで好きな作品はどれ?

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.