メディア

20代には通じない「パソコン・IT用語」ランキングTOP5! 第1位は「フロッピーディスク」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 CMサイトが企画編集する「ちょっと気になる」を調べたランキングサイト「ランキングー!」は、「20代には通じない『パソコン・IT用語』死語ランキング」の結果を公開しました。

 今回はその中からTOP5をご紹介します。一体どんな用語がランクインしたのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年5月28日
調査対象30代以上の男女(性別回答しないを含む)
有効回答数9944人

(出典元:ランキングー!|20代には通じない「パソコン・IT用語」死語ランキング(1~10位)

advertisement

20代には通じない「パソコン・IT用語」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:ダイヤルアップ接続

画像:写真AC

 第2位は「ダイヤルアップ接続」でした。ダイヤルアップ接続は、1990年代に流行したインターネット接続方法。電話回線を利用してインターネットに接続する手法で、一時期はインターネット回線の主流として利用されていました。

 20代の人は、「光回線」が主流の時代を生きているので、「ダイヤルアップ接続」は通じない人が多いかもしれません。

advertisement

第1位:フロッピーディスク

画像:写真AC

 第1位は「フロッピーディスク」でした。フロッピーディスクは、1970年代に登場した正方形型の記録媒体です。現在は、CD-ROMやDVDなどの光ディスク、USBメモリが登場し、大容量化と利便化が進んだ結果、徐々に使われなくなっていきました。

 フロッピーディスクは、20代の人が生まれる前から使われる機会が減ってしまっているので、聞いたことすらない人が多いかもしれませんね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「IT・科学」のアクセスランキング