メディア

「写メ」って通じなくなりつつある? 10~30代男女の約15%が知らないと調査に回答

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 10代~30代男女を対象とした「写メを知っていますか?」というアンケートに対し、「知らない」という回答が14.33%ありました。もはや100人に15人が知らないの?

  最も多かった回答は「よく知っている」で48.33%、「少し知っている」と回答した方が27%、「聞いたことはある」という回答が10.33%でした。半数近くが知っていましたが、今後も「知らない」「聞いたことはある」とする回答も増えてきそうな予感がします。

advertisement

「写メ」とは

 「写メ」とは、携帯電話向け電子メールサービス「写メール」の略、カメラ付きの携帯電話で撮影した画像ファイルを電子メールに添付して、送受信できる機能を指します。2000年ころに登場したカメラ付き携帯電話とともに使われるようになり、撮影する行為自体を表すこともありました。

 スマートフォンの普及とともに、画像を送受信する手段がメールにとどまらず、端末同士でやりとりできたり、SNSを介するようになり、徐々に使わなくなっていったと見られます。

advertisement

「写メ」を聞いたことがないと回答した割合を世代と男女別で見る

 調査では「写メ」を聞いたことがないと回答した割合を世代と男女別で見ると、10代男性の27.59%がもっとも高く、次いで20代男性の21.15%、20代女性の14.58%で、20代30代の平均と比べて10代男性は1.9倍高いという結果になっています。

 また、「写メ」をよく知っていると回答した割合を男女別で見ると、男性が40.60%、女性が54.49%で、男性より女性の方が1.3倍高い結果となりました。

 サウナーチが、2023年10月に『「写メ」についてのアンケート』を、15歳~39歳の男女300人を対象に実施した結果となります。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.