メディア

「平均年収の高い職種」ランキングTOP31! 第1位は「医師(1028万円)」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」(デューダ)は2022年9月~2023年8月にかけて、転職サイト「doda」のサービスに登録した正社員として働く20~65歳のビジネスパーソン約63万人のデータを基に、平均年収をまとめた「平均年収ランキング2023」を発表しました。なお、平均年収は手取りではなく支給額となっています。

 本記事では、調査結果から「職種別」のランキングを紹介します。平均年収が高いのはどの職種だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査対象2022年9月~2023年8月末の期間に、dodaサービスに登録した20~65歳の正社員
有効回答数約63万件

(出典元:doda「『平均年収ランキング2023』を発表」

advertisement

「平均年収の高い職種」ランキングTOP31

画像:写真AC
advertisement

第5位:アナリスト(795万円)

画像:写真AC

 第5位は「アナリスト」でした。平均年収は795万円です。

 アナリストは金融の専門家で、高度な金融知識を駆使し、分析技術で株価の評価や予測を行う職種。主に保険会社や証券会社に所属し、投資家の資産運用におけるアドバイスを行います。新卒で採用されることは少なく、必須となる資格はありませんが「証券アナリスト」の資格があれば有利とされています。

advertisement

第4位:運用(ファンドマネージャー/ディーラー)(810万円)

画像:写真AC

 第4位は「運用(ファンドマネージャー/ディーラー)」でした。平均年収は810万円です。

 ファンドマネージャーは、投資信託の運用を指揮する専門家。主に投資信託会社などの運用企業に所属し、経済状況や銘柄について分析するアナリストやエコノミスト、実際に市場で売買を行うディーラーやトレーダーとチームを組んで投資信託の運用を行います。必要な資格はありませんが、多くのファンドマネージャーが「日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)」の資格を有しているそうです。

 ディーラーは為替や債券、スワップ・コモディティー・株式などの売買を行うことで収益を上げ、自社や顧客に利益を還元する職種。莫大な利益を得られる反面、大きなリスクを伴う業務でもあるため、幅広い情報処理能力と強い精神力が必要とされています。

advertisement

第3位:弁護士(825万円)

画像:写真AC

 第3位は「弁護士」でした。平均年収は825万円です。

 依頼を受け、法律事務を行うことを職務とする専門家。個人の困りごとや企業間の取引など、依頼者の求めに応じて紛争の防止や解決を行う「民事」と、被疑者や被告人の権利を擁護する弁護人となる「刑事」の2種類の仕事を行っています。重圧のかかるポジションですが、困った人を助けることができるため、やりがいも感じられる職種です。

advertisement

第2位:投資銀行業務(947万円)

画像:写真AC

 第2位は「投資銀行業務」でした。平均年収は947万円です。

 投資銀行では株式や債券の機関投資家向けの委託売買、自己勘定による売買、デリバティブ商品の組成・販売など、さまざまな業務を行っています。他にも財務アドバイザリー業務の提供や株式・証券発行のアドバイスなど、幅広いサービスを提供しており、業務が多岐にわたるため非常に多忙な職種といえるでしょう。また、投資銀行業務は前回の調査から平均年収が約97万円アップしており、トップ50の中で平均年収が最も増加した職種です。

advertisement

第1位:医師(1028万円)

画像:PIXTA

 第1位は「医師」でした。平均年収は1028万円です。

 患者の容態や問診、検査データなどから病名を診断し、投薬や手術などで病状を改善させる治療を行う職種。患者と向き合い診療を行う「臨床医」や、大学や研究所などに在籍して研究を行う「研究医」があります。医師法の定める医師国家試験を受けて合格する必要があるうえ、重い責任を担いますが、非常にやりがいのある職種です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.