メディア

「建設業界」年収ランキングTOP10! 第1位は「ショーボンドホールディングス」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 日本全国500万社以上の企業データを基盤に営業の効率化を支援する「SalesNow」を展開してきたSalesNowは、日本最大級のデータベースを誇る「SalesNow DB」において、建設業界における各企業の平均年収について調査を行い、その結果を発表しました。

 なお、SalesNow DBでは各業界のカテゴリを「メイン業界」「サブ業界」に区分していて、今回は「メイン業界」を抽出し、ランキングを作成。調査は2022年6月~2023年6月にかけて行われています。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2022年6月~2023年6月
調査方法「SalesNow DB」にて、建設業界における各企業の平均年収について調査

(出典元:QuickWork「建設業界平均年収ランキングTOP10を発表!/SalesNow DBレポート」

advertisement

第2位:鹿島建設(1127万円)

 第2位は「鹿島建設」でした。平均年収は1127万円です。

 1840年創業の「スーパーゼネコン」とも称される大手総合建設会社です。「建設事業」を中心に、「設計・エンジニアリング事業」「不動産開発事業」「研究開発」など、技術力と総合力を駆使し、世界中でさまざまな事業を展開しています。

 超高層ビルとして知られる「霞が関ビル」をはじめ、「六本木ヒルズ」「GINZA SIX」など、日本を代表する建築物を建設。また、東京駅丸の内駅舎の保存・復原、姫路城大天守の保存修理工事も手掛けるなど、歴史的建造物の復元・再生にも積極的に取り組んでいます。そのほか、秋葉原地区などの開発事業や、スエズ運河橋・台湾地下鉄をはじめとするインフラ建設など、国内のみならず海外での実績も豊富です。

advertisement

第1位:ショーボンドホールディングス(1605万円)

 第1位は「ショーボンドホールディングス」でした。平均年収は1605万円です。

 「造らない建設会社」を掲げる、社会インフラの補修・補強を専門とする総合メンテナンス企業。60年以上にわたり培ってきた、化学技術と土木技術の融合による高度な技術開発力で、安全な社会の実現に貢献しています。

 高度経済成長期に多くの建造物が造られた日本。災害への備えや環境保全という観点からも、「造る時代」から「維持管理する時代」へ移行しつつあります。確かな実績と国内屈指の総合メンテナンス体制を整えているため、注目を集めている企業です。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.