メディア

「ゴミ排出量」が少ない都道府県ランキング! 1位は「長野県」【2019年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 SDGs(持続可能な開発目標)への関心が高まる昨今、ゴミの排出量を減らすために世界各地でさまざまな取り組みが行われています。日本でも各地で食品ロスの削減やリサイクルなどが積極的に実施されていますが、ゴミの排出量は各地でどれほど異なるのでしょうか?

 今回は、環境省が発表した「一般廃棄物処理実態調査結果(2019年度)」のデータをもとに、ゴミの排出量が少ない都道府県ランキングを紹介します。なお、1人1日あたりのゴミの排出量(単位:g/人日)をベースにランキングを作成しています。

(出典元:環境省

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第3位:滋賀県

 第3位は「滋賀県」でした。廃棄物の減量化・資源化に県全体で取り組んでおり、特設サイト「ごみゼロしが」を通じて情報を発信したり、リサイクルを支援したりといった施策を継続的に実施しています。ゴミ削減のための事業者支援制度などを通じて、企業などへ向けた支援にも取り組んでいます。

advertisement

第2位:京都府

 第2位には「京都府」がランクイン。庁内に循環型社会推進課などの環境問題に取り組むチームも設置されており、不法投棄対策やリサイクルの推進など、さまざまな取り組みを行っています。

 市などの自治体単位でもゴミの削減に注力しています。たとえば、京都市では近年、ゴミの量をピークだった2000年度の半分まで減らすという目標を掲げて対策を進め、2019年度に達成。2021年4月には「京都市循環型社会推進基本計画(2021-2030)」を策定し、さらなるゴミ削減を進めています。

advertisement

第1位:長野県

 そして第1位は「長野県」でした。2021年4月時点で6年連続、1人1日あたりのゴミ排出量が少ない都道府県でトップに立ちました。

 長野県では、食品ロス削減の取り組みである「食べ残しを減らそう県民運動 ~e-プロジェクト~」や「信州プラスチックスマート運動」など、さまざまな取り組みを実施しています。県によれば、各市町村の廃棄物削減の取り組みや、県民一人ひとりの意識の高まりなどが、6年連続トップの大きな要因とのことです。

 すべてのランキングは、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.