メディア

「ジブリ飯」で一番食べてみたいのはどれ? 【2021年版人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 スタジオジブリの作品には、実においしそうな食べ物がたくさん登場します。魅力的に描かれたグルメの数々と、それを夢中になって食べ尽くすキャラクターたち。見ながら思わずおなかを空かせた人も多いことでしょう。

 今回はそんな「ジブリ飯」の中で、「あなたが一番食べてみたいものはどれ?」というアンケートを実施します。まずは代表的なジブリ飯のいくつかを見てみましょう。

advertisement

『天空の城ラピュタ』より「目玉焼きトースト」

 『天空の城ラピュタ』からは「目玉焼きトースト」をご紹介。パズーがシータのために洞窟の中で作ったもので、通称「ラピュタパン」とも呼ばれています。トーストに目玉焼きを乗せただけのシンプルなものですが、絶妙に半熟に仕上がった黄身が最高。先に目玉焼きだけすべて食べてしまうのがシータスタイルです。

以下、画像はすべて「スタジオジブリ」公式サイトの「場面写真」から引用
advertisement

『魔女の宅急便』より「ニシンとかぼちゃのパイ」

 続いては『魔女の宅急便』から、 「ニシンとカボチャのパイ」。おばあさんが孫娘の誕生日にと作ったものですが、キキがそれを届けた孫娘は「あたしこのパイ嫌いなのよね」と一言。複雑な気持ちになりながらも、「どんな味がするんだろう?」と想像してしまう一品です。

advertisement

『ハウルの動く城』より「ベーコンエッグ」

 『ハウルの動く城』に出てくる「ベーコンエッグ」は、火の悪魔・カルシファーの火力で一気に焼き上げた一皿です。分厚いベーコンに、たっぷりと4つも使われた卵。流れるように調理するハウルと、お皿にかぶりつくようにして食らいつくマルクルの姿が印象に残ります。

advertisement

『千と千尋の神隠し』より「お父さんが食べていた謎のブヨブヨ」

 『千と千尋の神隠し』からは、「お父さんが食べていた謎のブヨブヨ」をピックアップしました。茶色く柔らかそうな不思議な食べ物は、その後の衝撃展開もあって奇妙な魅力を放っています。同作を担当したアニメーターの米林宏昌さんによると、絵コンテには「シーラカンスの胃袋」と書いてあったとのことですが、真相はいまだ不明のようです。

advertisement

アンケート

 この他にも、「ポニョのハムラーメン」や「ジコ坊の鉄なべがゆ(もののけ姫)」など、多くの回答選択肢を用意しました。以下のアンケートより、投票をお待ちしています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング