メディア

自分に合った相棒と出会う「ゴルフクラブメーカー」おすすめ5選&AmazonランキングTOP10!【2021年5月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 プロゴルファーの松山英樹選手が、2021年のマスターズ・トーナメントを制したことで日本中を勇気づけてくれたのは記憶に新しいですよね。ゴルフファンにとって最上級のビッグニュースだったのはもちろん、これを機に新たにゴルフに興味を持った方も多いことでしょう。

 そんな方達に向けて、ここではゴルフクラブメーカーをご紹介していきます。これからゴルフを始めようと思っている方はもちろん、上級者の方もあらためてチェックしてみてはいかがでしょうか。

advertisement

おすすめ1:Callaway(キャロウェイ)

Amazon.co.jp

 1982年にアメリカで創業したゴルフ用品メーカーの「Callaway(キャロウェイ)」はフィル・ミケルソン選手、石川遼選手、上田桃子選手などといったプロゴルファーからも信頼を寄せられていることでも有名です。日本人の体を研究し設計されていることから、日本でも幅広い層に愛用されています。手を出しやすい価格帯の製品も多いため、ゴルフビギナーにもオススメできるメーカーです。

advertisement

おすすめ2:BRIDGESTONE(ブリヂストン)

Amazon.co.jp

 日本のとして、一番メジャーなゴルフメーカーと言えば「BRIDGESTONE(ブリヂストン)」です。自動車のタイヤメーカーとして有名ですが、その技術を応用してゴルフボールを作るようになりました。国内メーカーらしい質の高い製品が多く、中でもトッププロや上級者を対象としたトーナメントモデルの「ツアーステージ」が人気となっています。そのプロのファンならずとも、ゴルファーなら一度は使ってみてみたいと思うはず。

advertisement

おすすめ3:DUNLOP(ダンロップ)

DUNLOP GOLFING WORLD

 住友ゴム工業傘下のスポーツ用品総合メーカーで、特にゴルフクラブ、ゴルフボールでは国内のトップシェアを誇ります。アジア人選手として初めて2021年マスターズ・トーナメントを制した松山英樹選手も愛用していることで、注目を集めています。

advertisement

おすすめ4:TaylorMade(テーラーメイド)

画像はTaylormadeから引用

 アメリカのゴルフ用品メーカーとして誕生した「TaylorMade(テーラーメイド)」。ドライバーの品質に優れ、多くの海外プロとも契約を結んでいるなど、その支持も高いメーカーです。創業者であるゲーリー・アダムスは、世界で初めて金属製ヘッドのウッドを開発した人物とされており、その流れで自然とウッド系クラブを得意とするブランドに。ドライバーをはじめとするウッド系クラブの人気は抜群の人気を誇ります。

advertisement

おすすめ5:Titleist(タイトリスト)

Amazon.co.jp

 「Titleist(タイトリスト)」は、アメリカで設立されました。ブランド名は“タイトル保持者”という意味から生まれた造語で、プロの使用を強く意識したブランドです。ここ数年は日本限定商品なども発売されて幅広い年齢層やレベルに応じた商品を発売しています。特にゴルフボールは、日本でもこの数年間プロのボール使用率ナンバーワンを保持し続けており、大きな販売シェア持つブランドとなっています。

 ここまで「ゴルフクラブメーカー」のおすすめ3選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「ゴルフクラブ」ランキングTOP10を掲載しています!

当記事では、Amazon.co.jpの売れ筋ランキングに基づいたデータを使用しています。順位や価格は記事制作時のものであり、変更されている場合があります。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.