メディア

軽くて扱いやすい「軟式用バット」おすすめ3選&AmazonランキングTOP10!【2021年5月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 軟式野球のバットの種類は大きく分けて、金属バット、複合バット、木製バットの3種類。素材に加え、バランス・長さ・重さ・グリップの太さなど、選ぶポイントはさまざまなので、自分に合ったバットを選びましょう。

 芯が広く当てやすく飛距離が出る「金属バット」は、ジュラルミン製のものが金属の中でも軽くて振りやすく、初心者の方におすすめです。「木製バット」は飛距離が出ずらく手入れも難しいのですが、雷対策やトスバッティングなどの練習用に使用されています。カーボンを始めとする素材を使った「複合バット」は軽くてしなるので反発力が高く、飛距離を伸ばすのに最適とされています。またデザイン性の高さも魅力のひとつです。

 本記事では「軟式用バット」のおすすめ商品を紹介していきます。

advertisement

おすすめ1:ローリングス HYPERMACH AIR TI トップバランス

 「ローリングス HYPERMACH AIR TI トップバランス」は、 打球部のエアポケット構造で打球初速アップが狙える軟式バット。βチタン合金と100%カーボンのハイブリッドチューブが内蔵された打球部チタン内蔵複合バットです。

advertisement

おすすめ2:MIZUNO ビヨンドマックス ギガキング

 「MIZUNO ビヨンドマックス ギガキング」は、ビヨンドマックスメガキングシリーズから一新されて2017年に発表されたモデル。打球部に採用された新素材「フラルゴPUフォーム」により反発性能が向上し、強烈な打球をより遠くに運んでくれます。

advertisement

おすすめ3:ZETT ブラックキャノンMAX

 「ZETT ブラックキャノンMAX」は、トランポリン効果を高めて反発力を引き上げる「打撃部三重管スプリング構造」と、トランポリン運動増幅を促進する「メガハイブリッド構造」が特徴の軟式バット。打者のスイングスピードやパワーを効率よくバットに伝え、ボールを弾き飛ばすM号ボールに最適なモデルです。

 ここまで「軟式用バット」のおすすめ3選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「軟式用バット」ランキングTOP10を掲載しています!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.