【60代以上が選ぶ】家に常備しておきたい「レトルトカレー」ランキングTOP27! 第1位は「ジャワカレー(ハウス食品)」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の60代以上を対象に「家に常備しておきたいレトルトカレー」というテーマでアンケートを実施しました。

 ご飯さえあれば手軽にカレーが楽しめるため、いざという時のために常備しておきたいレトルトカレー。各メーカーから多種多様な商品が発売されているなか、60代以上から「家に常備しておきたい」と支持を集めたのは、どのレトルトカレーだったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年11月10日
調査対象全国の60代以上
有効回答数816票
advertisement

【60代以上が選ぶ】家に常備しておきたい「レトルトカレー」ランキングTOP27

画像:写真AC
advertisement

第5位:咖喱屋カレー(ハウス食品)

出典:Amazon.co.jp

 第5位は、得票率7.5%の「咖喱屋カレー」でした。1999年に誕生した、ハウス食品のレトルトカレーです。ブレンドされた29種類のスパイスの香りと、野菜やブイヨンをじっくり煮込んだ深いコクが特徴。家庭ではなかなか作れない、カレー専門店の味わいを手軽に楽しめるレトルトカレーです。

 甘口・中辛・辛口をはじめ、大辛やポークカレー、キーマカレーやデミグラスソースの濃厚なコクが溶け込んだコクデミカレーなど、ラインアップも豊富。味わいはもちろん、手でまっすぐに切りやすいように改良されたパックなど、細やかな部分もうれしいポイントです。

advertisement

第4位:ボンカレーゴールド(大塚食品)

出典:Amazon.co.jp

 第4位は、得票率8.5%の「ボンカレーゴールド」でした。世界初の市販用レトルトカレーとして、1968年に誕生した大塚食品のボンカレー。アメリカのパッケージ専門誌に掲載されていた、ソーセージを真空パックにした軍用の携帯食を見たことがきっかけで開発がスタートしたそうです。そして1978年、日本人の嗜好に合わせて香辛料やフルーツを使った「ボンカレーゴールド」が登場しました。

 国産のジャガイモ・ニンジン・タマネギ、ラードと小麦粉を丁寧にローストした自家製ルウを使用し、オリジナルブレンドのスパイスとカレー粉で仕上げるなど、製法にもこだわっています。甘口・中辛・辛口・大辛をはじめ、フライドガーリックとおろしにんにくの味わいがくせになる「うま辛にんにく 辛口」など、バリエーションも豊富。スタンダードなレトルトカレーとして、長く愛されているロングセラー商品です。

advertisement

第3位:ゴールデンカレー(エスビー食品)

出典:Amazon.co.jp
S&B ゴールデンカレーレトルト中辛 200g×5箱"

S&B ゴールデンカレーレトルト中辛 200g×5箱

1,258円(04/16 10:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は、得票率8.7%の「ゴールデンカレー」でした。1966年に誕生したエスビー食品のゴールデンカレー。創業者の山崎峯次郎さんは、1923年に日本で初めてカレー粉の製造に成功し、それまで築き上げてきたスパイスのノウハウがゴールデンカレーのベースとなりました。35種類のスパイスとハーブ、厳選された食材の絶妙なバランスが生み出す「黄金の香り」が最大の特徴です。

 2016年にはゴールデンカレーのレトルト商品が誕生。レトルト専用の香り高い特製ルウ、香辛料を加えて煮込んだ特製の牛肉、香り高いスパイスを油と一緒にじっくり焙煎することで、黄金の香りを再現しています。

advertisement

第2位:銀座カリー(明治)

出典:Amazon.co.jp
明治 銀座カリー 中辛 180g×5個"

明治 銀座カリー 中辛 180g×5個

1,017円(04/15 17:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は、得票率10.4%の「銀座カリー」でした。1994年に誕生した明治のレトルトカレー。1930年に発売された「キンケイ・ギンザカレー」の復刻版で、昭和初期の銀座モダンの世界がテーマとなっています。特製2段仕込みブイヨンによる雑味の無いまろやかなコクやうま味と、ソテーオニオンによる豊かな香りが特徴。デミグラスソースをベースとしたイギリス風のカレーで、ご飯によく絡む、豊潤で滑らかなルウが食欲をそそります。

 中辛や辛口のほか、キーマカレーやバターチキンなどバリエーションも豊富。そのほか、シリーズの特徴はそのままに、温めなくてもおいしく食べられる「銀座 あたためなくてもそのままおいしいカリー」なども発売されています。

advertisement

第1位:ジャワカレー(ハウス食品)

出典:Amazon.co.jp

 第1位は、得票率11.2%の「ジャワカレー」でした。1968年に誕生したハウス食品のジャワカレー。南の島ジャワをイメージした、爽快な辛さと刺激のある味わいの大人向けのカレーとして登場しました。刺激的な味わいでありながら、バランスよくブレンドされた乳製品やチャツネによるまろやかなコクが特徴です。

 1992年にはレトルト商品が誕生。現在は中辛・辛口のほか、ハバネロをブレンドしたジャワカレー史上もっとも辛いカレー「大人の激辛」なども販売されています。また、2020年には箱のままレンジ調理ができるよう改良されました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「カレー」のアクセスランキング