メディア

強烈な苦味がクセになる! 「苦いビール」おすすめ3選&AmazonランキングTOP10!【2021年5月】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 一口に「ビールが好き」と言っても、求める味わいは人それぞれ。クリーミーな泡の甘みだったり、華やかでフルーティな口当たりだったり、爽快感のある喉越しとキレだったりします。そんな中で、今回は強烈な「苦み」が特徴のビールを集めてみました。

 本記事では「苦いビール」のおすすめ商品を紹介していきます。

advertisement

おすすめ1:なまらにがいビール

えぞ麦酒

 北海道のビール販売会社である「えぞ麦酒」の「なまらにがいビール」は、その名の通り「なまら」(北海道弁で「とても」)苦い味わいが特徴。製造は米ローグ社が行っており、元の名前は「Brutal Bitter」(Brutal=残忍な)というインパクトのあるものです。ビールの苦さを表す国際単位「IBU」の数値はIBU59。(日本の大手メーカーのビールはIBU20前後)

advertisement

おすすめ2: インディアンサマーセゾン

玉村本店

 長野県のブルワリーである玉村本店の「志賀高原ビール インディアンサマーセゾン」は、ベルギーの農家が自家醸造していた「セゾンビール」スタイルの製品。ホップをたっぷりと使っており、爽快な苦みが楽しめます。IBUは50程度ですが、メーカーによると「ドライなボディとのバランスで十分程よく苦い」とのこと。

advertisement

おすすめ3:ブルックリンディフェンダーIPA

Amazon.co.jp

 日本でもファンが多い「ブルックリンラガー」で知られる、米ブルックリンブルワリー。同社のIPAスタイルの銘柄が「ブルックリンディフェンダーIPA」です。パイナップルなどトロピカルフルーツのような香りと、しっかりした苦味がベストマッチ。軽やかな後味も味わる一品です。(IBUは50程度との情報あり)

 ここまで「苦いビール」のおすすめ3選を紹介してきました。次のページではAmazon.co.jp「IPAビール」ランキングTOP10を掲載しています!

当記事では、Amazon.co.jpの売れ筋ランキングに基づいたデータを使用しています。順位や価格は記事制作時のものであり、変更されている場合があります。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.