メディア

【RPGシリーズ】人気ランキングTOP32! 第1位は「ドラゴンクエストシリーズ」【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 5月20日から6月2日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたの好きな『RPGシリーズ』は?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、人気のRPGシリーズ32項目。好きなRPGシリーズが選択肢にない場合は「その他」に投票していただき、コメントでシリーズ名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数3920票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:メタルマックスシリーズ

 第10位は「メタルマックスシリーズ」でした。得票数は105票、得票率は2.7%となっています。

  「竜退治はもう飽きた!」をテーマに、ドラゴンクエストに対するアンチテーゼとして誕生したメタルマックスシリーズ(参考記事:電ファミニコゲーマー「宮岡寛インタビュー」)。テーマが示す通り、戦車で荒廃した世界を駆け巡るファンタジー要素の少ない世界観を楽しめる作品で、2020年に実施した人気投票では、第2位を獲得しました。

advertisement

第9位:テイルズシリーズ

 第9位は「テイルズシリーズ」でした。得票数は121票、得票率は3.1%となっています。

 第1作の「テイルズ・オブ・ファンタジア」が、スーパーファミコン用RPGとしてリリースされたのは1995年のこと。格ゲーのような戦闘システムに加えて、人気漫画家・藤島康介さんがデザインした、アニメ風キャラが人気に。

 また声優によるCV、アニメーション付きの主題歌など、特定の属性を有する人にはたまらないゲームに仕上がり、話題となりました。2021年9月10日には、最新作「テイルズ オブ アライズ」が発売される予定です。

advertisement

第8位:ポポロクロイス物語シリーズ

 第8位は「ポポロクロイス物語」でした。得票数は128票、得票率は3.3%となっています。

 「ポポロクロイス物語」は田森庸介さんの漫画を原作としたRPGシリーズで、第1作となる「ポポロクロイス物語」は1996年7月12日にPlayStation用ゲームとして登場しました。ゲームシリーズとしてだけでなく、テレビアニメにもなっています。

画像は「セガ」より引用
advertisement

第7位:MOTHERシリーズ

 第7位は「MOTHERシリーズ」でした。得票数は132票、得票率は3.4%となっています。

 「MOTHERシリーズ」は、コピーライターの糸井重里さんがシナリオを担当したRPGシリーズです。ファンタジーがRPGの王道であった中、現代風の世界を舞台にしたことで注目を浴びました。いつプレイしても、温かい心になるRPGシリーズですよね。

advertisement

第6位:スーパーマリオRPGシリーズ

 第6位は「スーパーマリオRPGシリーズ」でした。得票数は173票、得票率は4.4%となっています。

 任天堂とスクウェアのコラボレーションにより1996年3月9日に発売された「スーパーマリオRPG」を皮切りに、「マリオストーリー」「ペーパーマリオRPG」「マリオ&ルイージRPG」といったRPGシリーズが展開されました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:ポケモンシリーズ

 第5位は「ポケモンシリーズ」でした。得票数は226票、得票率は5.8%となっています。

 世界的な人気タイトル「ポケモンシリーズ」。第1作「ポケットモンスター 赤・緑」が発売されたのは1996年2月27日。個性豊かなポケモンを集めて、バトルをする楽しさはまさに革命でした。

 最新作「ポケットモンスター ソード・シールド」。11月19日にはファン待望のリメイク作品「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」、2022年1月28日には「ポケモン LEGENDS アルセウス」が発売される予定です。

advertisement

第4位:ファイナルファンタジーシリーズ

 第4位は「ファイナルファンタジーシリーズ」でした。得票数は263票、得票率は6.7%となっています。

 「ファイナルファンタジーシリーズ」は、スクウェア(現在のスクウェア・エニックス)が生み出した不朽の名作。第1作「ファイナルファンタジー」は、1987年に発売されました。個性的なキャラクター、ハイクオリティなCG処理、風景など、さまざまな魅力が詰まった作品として幅広い世代に愛されているRPGシリーズです。2020年9月17日の「PlayStation 5ショウケース」において、最新作「ファイナルファンタジーXVI」が発表されました。

advertisement

第3位:女神転生(真・デビルサマナー)シリーズ

 第3位は「女神転生(真・デビルサマナー)シリーズ」でした。得票数は424票、得票率は10.8%となっています。

 西谷史さんの小説を原作とした「女神転生シリーズ」。第1作「デジタル・デビル物語 女神転生」は1987年9月11日が発売され、1992年10月30日には「真・女神転生シリーズ」の第1作となる「真・女神転生」が登場しました。敵の悪魔を勧誘してパーティメンバーに迎えたり、悪魔同士を合体させるといったシステムが特徴的。

 「メガテンが断トツ、混沌とした現代にピッタリ」「エンディングで色々と考えさせられる」など、多くのメガテニストからコメントをいただきました。

advertisement

第2位:幻想水滸伝シリーズ

 第2位は「幻想水滸伝シリーズ」でした。得票数は612票、得票率は15.6%となっています。

 中国の四大奇書『水滸伝』をモチーフとした、コナミのRPG「幻想水滸伝シリーズ」。1995年12月15日に第1作となる「幻想水滸伝」が発売されました。登用と西洋の文化が混ざった世界観が特徴で、特にファン人気が高いのは1998年12月17日に発売されたシリーズ2作目「幻想水滸伝II」。シナリオの完成度の高さから、今もファンから根強く愛されています。

 コメントでは「『幻想水滸伝』『幻想水滸伝II』が好き、Nintendo Switchに移植してほしい」「幻想水滸伝は青春。攻略法は今でも覚えている」といった声が寄せられていました。

advertisement

第1位:ドラゴンクエストシリーズ

 第1位は「ドラゴンクエストシリーズ」でした。得票数は751票、得票率は19.2%となっています。

 日本が誇るRPG不屈の名作「ドラゴンクエストシリーズ(ドラクエ)」。1986年5月27日に第1作「ドラゴンクエスト」が誕生し、最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」は全世界累計出荷・ダウンロード販売本数600万本突破を超える大ヒット作品です。5月27日に配信されたシリーズ35周年の記念特番では、最新作「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」が発表されました。

 コメントでは「RPGはドラクエで育った」「ストーリー、音楽、キャラクターデザインすべて最高」といった声が寄せられていました。

画像は「任天堂 公式サイト」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.