メディア

【アジア編】「世界の大学」ランキングTOP30! 1位はシンガポール国立大学【2022年版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 イギリスの大学評価機関である「QS Quacquarelli Symonds」が、2022年版の「世界大学ランキング」を発表しました。このランキングは、大学のレベルを比較するためのデータとして世界で最も多く参照される情報源のひとつです。ランキング上位には世界の名だたる名門校が並んでいます。

 今回はその中から、アジアの大学上位を見ていきましょう。日本の最難関国立大学である東京大学や京都大学が何位にランクインしているかにも注目です!

(出典:QS World University Rankings 2022

画像は「Pixabay」より引用
advertisement

第3位:清華大学(中国)

 第3位は、中国の「清華大学」でした。首都の北京市で1911年に創立された総合大学で、工業分野をメインにこれまで優秀な人材を数多く輩出してきました。とくにエンジニアの育成には定評があり、中国の習近平国家主席や胡錦濤元国家主席の出身校としても有名です。

 国際的な人材の育成にも取り組んでおり、日本の東京工業大学とは合同プログラムを実施。東京工業大学と清華大学の2つの学位が取得できるプログラムで、日中交流を支える国際的な人材育成が期待されています。

画像は「清華大学公式サイト」より引用
advertisement

第2位:南洋理工大学(シンガポール)

 第2位はシンガポールの「南洋理工大学」でした。イギリスから独立する前の1955年に華僑教育機関として設立された南洋大学が母体で、緑豊かな環境のキャンパスが特徴。広大なキャンパスはシンガポール最大の面積です。国内に複数のキャンパスを設置しています。

 また、ヨーロッパからも多くの留学生を受け入れており「科学技術を基盤としたグローバルな大学として多様な分野の研究と幅広い教育を通じて、リーダーを育成する」というミッションのもと、優秀な学生が集まる大学です。日本の神戸大学や福井大学などとも協定を結んでいます。

画像は「南洋理工大学公式サイト」より引用
advertisement

第1位:シンガポール国立大学(シンガポール)

 第1位は、シンガポールの「シンガポール国立大学」でした。1位と2位どちらも英語を母国語とするシンガポールの大学がランクインする結果に。南洋理工大学ともにシンガポールで双璧をなす有名大学です。英語教育はもちろんのこと、人材育成にも力を入れ、世界で活躍する人材を輩出しています。

 医学学校として1905年に設立され、編成を経て現在のような総合大学へ。100カ国以上の国・地域から留学生が集まり、多様性に富んだ大学と言えるでしょう。日本では東京大学や京都大学とも大学間協定を結んでいます。

画像は「シンガポール国立大学公式サイト」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.