西日本で「銘菓がおいしい」と思うのはどこ?【2024年版・人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 銘菓とは、日本各地に伝わる特別な名をもつ由緒ある菓子のこと。その甘さは一口食べれば幸せな気持ちにさせてくれる魅力を持ちますよね。

 そこで今回は「西日本で銘菓がおいしいと思うのはどこ?」というテーマでアンケートを実施します。まずは、誰もが知る銘菓がある地域を3つピックアップして紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

advertisement

京都府

 京都府には数多くの銘菓があります。たとえば、修学旅行のお土産でもおなじみの「生八つ橋」。もちもちとした食感の生地の和菓子です。あんこを包んでいる場合も多く、ニッキ(シナモン)やイチゴ、チョコなどいろいろな味のものがあります。他にも京都では、半生菓子の「阿闍梨餅」や羊羹、最中などあんこを使ったさまざまな銘菓を味わえます。

advertisement

福岡県

 福岡県の銘菓の一つは、23年連続でモンドセレクション金賞を受賞した「博多通りもん」。とろけるような白あんが特徴のおまんじゅうで、1993年に誕生した銘菓です。また、大宰府天満宮の参道で売られる「梅ヶ枝餅」も有名。お餅の生地の中に小豆あんを入れて焼き上げたお菓子で、素朴な味わいが楽しめます。

advertisement

沖縄県

 本州とは違ったグルメが楽しめる沖縄県の銘菓といえば「ちんすこう」。小麦粉、砂糖、ラードが入った焼き菓子で、濃厚な風味とざくざくとした食感が楽しめます。他には、沖縄の特産物「紅芋」を使用した「紅いもタルト」も有名。紅芋は、栄養価が高いとして注目される食材で、「紅いもタルト」もお土産品として喜ばれる銘菓です。

advertisement

西日本で銘菓がおいしいのは?

 以上、3地域のおいしいお菓子を紹介しました。他にも西日本には、たくさんの銘菓がありますよね。ぜひ、あなたがおいしいと思う銘菓がある場所に投票をお願いします!

当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.