メディア

メラミンスポンジで浴槽の掃除はNG! 使えない箇所のまとめ

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 洗浄力が高くて便利なメラミンスポンジですが、どこでも洗える万能スポンジではありません。使い方を間違えると、後々取り返しのつかない傷を作ってしまう恐れもあります。

 今回は、メラミンスポンジの使用を避けるべき箇所を紹介します。

ハウスクリーニングやエアコンクリーニング、家事代行、不用品回収まで、暮らしにまつわる様々な「こまった」をくらしのマーケットマガジンがひとつひとつ丁寧に解決します。

advertisement

メラミンスポンジで洗ってはいけない箇所

 メラミンスポンジで洗ってはいけないのは、「コーティングしてあるもの」と「光沢があるもの」の2つです。メラミンスポンジは汚れを“削り取る”ので、コーティングが剥がれてしまうなど、洗ったものを傷めてしまう恐れがあります。

 以下、特に間違えやすい“メラミンスポンジで洗ってはいけない箇所”を紹介します。

advertisement

お風呂の浴槽はメラミンスポンジで洗わない

 お風呂の浴槽は樹脂でできていることが多く、メラミンスポンジで洗うと傷つけてしまう恐れがあります。浴槽を洗う時は、専用のスポンジを使いましょう。

advertisement

くもり止め加工がしてある鏡は、メラミンスポンジで磨かない

 くもり止め加工が施してある鏡も、加工が剥がれてしまう恐れがあるので、メラミンスポンジで磨かないようにしましょう。やわらかい布で優しく磨いてください。

advertisement

トイレの便座もメラミンスポンジで磨かない

 トイレの便座も、メラミンスポンジで磨くのは避けましょう。光沢のあるプラスチックの便座に傷をつけてしまう恐れがあります。トイレを掃除する専用のシートが販売されているので、そちらを使うのがおすすめです。

advertisement

車の外装やフローリングの床も、メラミンスポンジはNG

 上で紹介した以外にも、以下のような箇所をメラミンスポンジで洗うと、傷つけてしまうなどの恐れがあるので避けましょう。

  • 車の外装面
  • 漆器類(表面のツヤが失われます)
  • 吸水性のあるもの
  • 凹凸のあるもの(スポンジが細かくちぎれる恐れがあります)
  • 樹脂素材のもの(やわらかいため傷つく恐れがあります)
  • 塗装やプリントがついているもの(デザインが剥がれる恐れがあります)
  • フローリングの床(ワックスが剥がれる恐れがあります)

 逆にメラミンスポンジで洗っても問題ない箇所としては、以下です。

  • ガラス
  • コーティングされていない鏡やシンク
  • 陶磁器、ホーロー、タイル
  • 光沢のないプラスチック

 メラミンスポンジは洗浄力が高いため便利ですが、紹介したようなリスクもあります。使う前に説明書を確認したり、掃除したい製品の材質などを調べたりして、メラミンスポンジで洗っても問題ないかチェックしましょう。

 不安であれば、目立たない箇所で試してみて、問題ないか確認してから使うと安心ですよ。正しく使えば大活躍は間違いなしです。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.