メディア

【スーパー戦隊シリーズ】2000年代のシリーズ作品であなたが好きな「ロボ」はなに?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 仮面ライダーやウルトラマンなどとともに、日本の特撮を代表するシリーズとなっている「スーパー戦隊」。戦隊ヒーローといえば、色分けされたヒーローたちそれぞれの活躍もさることながら、彼らが操縦する「巨大ロボ」による戦闘も大きな見どころですよね。

 そこで今回は、「2000年代のスーパー戦隊シリーズで一番好きな『ロボ』は?」というアンケートを実施します。それではまず、シリーズ中に数多く登場した戦隊ロボの中から3体をピックアップして紹介しましょう!

advertisement

タイムロボ

 「未来戦隊タイムレンジャー」に登場する「タイムロボ」は、タイムレンジャーたちが搭乗するタイムジェット5機が合体した巨大ロボ。タイムジェットの合体フォーメーションを変えることによって、別形態に変形することができます。作中(特に第1クール)では主にタイムロボβで戦い、最後に圧縮冷凍を行う際にタイムロボαに変形するという運用を行っていました。

 タイムロボαの主な武器は、タイムトンネルから出現する「時空剣」で、必殺技は「プレスブリザード」。これは敵を殺傷するのではなく、逮捕を目的に圧縮冷凍する技です。タイムロボβはタイムフライヤーが変形したビームガンの「フライヤーマグナム」を主な武器とし、光線技「クロノストローム」を放つほか、格闘戦も行います。

画像はAmazon.co.jpより引用
advertisement

ガオキング

 「ガオキング」は「百獣戦隊ガオレンジャー」に登場する巨大ロボ。ただし、設定上はロボではなく「精霊の王」と呼ばれる巨人の1体です。ガオレンジャーたちにはそれぞれパートナーとなる動物の姿をした精霊「パワーアニマル」がおり、それらが百獣合体することによって誕生します。

 そんなガオキングは、それぞれのパワーアニマルの能力を活かした戦い方が特徴。ガオシャークの尻尾を変形させて「フィンブレード」として使ったり、「シャークショット」「タイガーアタック」「バイソンキック」といった多彩な技をもっています。必殺技は、5体のパワーアニマルの口から発射される破壊光線「天地轟鳴アニマルハート」です。

advertisement

旋風神

 「忍風戦隊ハリケンジャー」に登場する巨大ロボ「旋風神」。作中では序盤から登場し、ハリケンジャーたちが操縦するシノビマシンの「ハリケンホーク」「ハリケンドルフィン」「ハリケンレオン」が忍風合体して誕生します。

 突風攻撃の「タテガミハリケーン」や、竜巻攻撃の「ドルフィントルネード」など、忍風戦隊らしい風を駆使した技が特徴。必殺技は3体に分身した旋風神が相手を続けざまに切り裂く「究極奥義 分身幻斬り」。また、バリエーションとして旋風神の装甲を軽量化し、体術に特化した「旋風神ハリアー」も存在します。

advertisement

まとめ

 ここまで、2000年代のスーパー戦隊に登場した巨大ロボ3体を紹介しました。選択肢には、1号ロボや2号ロボなどを含む、2000年から2009年にかけて放送されたスーパー戦隊シリーズ各作品に登場した51体を用意しています。

 中には多数のサブメカが登場した作品もありますので、もしも選択肢にないロボに投票したいという人は「その他」を選択のうえ、コメント欄にロボ名をお書きください。また、各ロボの好きなところや放送当時の思い出などもぜひコメント欄にお寄せください。みなさんのご投票お待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング