メディア

【プロ野球】12球団マスコット人気ランキングTOP44! 第1位は「ドアラ」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では2021年7月2日から7月15日の間「NPB12球団のマスコットで一番好きなのは?」というアンケートを実施しました。

 今回のアンケートでは、計14142票のご投票をいただきました。たくさんのご投票をありがとうございました!

 プロ野球の試合中に行われるパフォーマンスやイベントなどで大活躍する球団マスコット。中には、書籍や写真集が発売されるほどの人気をほこるキャラクターもいます。はたして、どのマスコットが最も人気だったのか、ランキング結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:ジャビット(ジャビィ・ジャバ)

 第10位は、読売ジャイアンツの球団マスコット「ジャビット」 でした。1992年に「三代目マスコット」として誕生し、その後も人気が続いています。10回以上連続してバック転を披露するなど身体能力が高いことでも有名です。また、兄弟やお祖父ちゃんなど、たくさんの家族も存在しています。

advertisement

第9位:つばみ

 第9位は東京ヤクルトスワローズの球団マスコット 「つばみ」でした。同球団で人気の高いマスコット「つば九郎」の妹であり、1999年に登場しました。身長と体重はつば九郎の半分ぐらい、りんご283個分という不思議なキャラクターです。

advertisement

第8位:スラィリー

 第8位は、広島東洋カープの球団マスコット「スラィリー」でした。1995年から登場したスラィリー。その独特なデザインは「セサミストリート」のキャラクターで知られる、アメリカのハリソンエリクソン社が手がけています。チームが大量得点や連勝などを記録すると、突然ピンクに変色した「ハッピースラィリー」として現れることもあります。

画像は「広島東洋カープ」公式サイトより引用
advertisement

第7位:キー太

 第7位は、阪神タイガースの球団マスコット「キー太」でした。2011年から登場し、同球団でお馴染みのマスコットであるトラッキーやラッキーと共に活躍。ラッキーとは姉弟の関係となっています。ちょっとどんくさくて、いじられキャラというキー太は、女性や子どものファンが多いそうです。

画像は「阪神タイガース」公式サイトより引用
advertisement

第6位:トラッキー

 第6位には、キー太と同じく阪神タイガースの球団マスコットとして活躍する「トラッキー」がランクイン。1987年7月に一般公募で名前が決まりました。元プロ野球選手の佐伯貴弘さんとプロレスをしたり、ライバル球団である巨人のジャビットとの因縁のバトルや、中日ドラゴンズのドアラとバック転対決をするなど、他球団とのバトルをすることが多いマスコットです。

advertisement

第5位:バファローベル

 第5位は、オリックス・バファローズの球団マスコット「バファローベル」でした。実は、時空を超える“牛型ロボット”で、開発されたのは京セラドーム大阪の地下資材庫という設定。そのかわいらしい見た目から、萌えキャラとしても人気が高く、写真集が出版されたこともありました。

画像は「オリックス・バファローズ」公式サイトより引用
advertisement

第4位:レオ

 第4位は、埼玉西武ライオンズの球団マスコット「レオ」でした。西武線沿線在住だった手塚治虫さんの作品「ジャングル大帝」の主人公であるレオをシンボルマークとして採用したことがキッカケで、 1978年に生まれました。精悍な顔立ちと高い身体能力が特徴。気高いライオンというイメージもあり、性格は優等生タイプで、観客からブーイングを受ける選手を庇うこともあるそうです。

画像は「埼玉西武ライオンズ」公式サイトより引用
advertisement

第3位:DB.スターマン

 第3位は、横浜DeNAベイスターズの球団マスコット「DB.スターマン」でした。得票数は781票で、得票率は5.5%となっています。

 ハムスターがモチーフのキャラクターで、球団マスコットの中では珍しいずんぐりむっくりとした体型が特徴です。1993年からマスコットとして活躍してきた前任者のホッシーファミリーに飼われていたペットという設定。その愛くるしい見た目と愛嬌たっぷりな仕草で高い人気を得ています。

画像は「横浜DeNAベイスターズ」公式サイトより引用
advertisement

第2位:つば九郎

 第2位には東京ヤクルトスワローズの球団マスコット「つば九郎」がランクイン。得票数は3282票で、得票率は23.2%でした。

 ツバメをモチーフとしたかわいらしい見た目ながら、その毒舌っぷりと自由奔放で言動で大きな人気を集めています。実は2008年にプロ野球のマスコットとしては初めて連続1000試合出場を達成している鉄人でもあります。なお、年俸は「つば(2・8)」にあやかった「2万8000円」と「ヤクルト1000飲み放題」で、毎年の契約更改でも注目を集めています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
みんなで、えみふる!人生が楽しくなる80個くらいの言葉"

みんなで、えみふる!人生が楽しくなる80個くらいの言葉

つば九郎
1,008円(10/21 12:28時点)
発売日: 2012/09/06
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第1位:ドアラ

 そして、第1位となったのは、中日ドラゴンズの球団マスコット「ドアラ」でした! 得票数は6557票で、得票率は46.4%と圧倒的な支持を集めました。

 見ているだけで思わず力が抜けてしまうようなゆるい顔立ちと、ギャップのあるスマートな身体に、自由奔放な性格が特徴のキャラクター。好きな芸能人を「高田純次さん」と公言している通りに、ドアラ自身もフリーダム過ぎる言動でファンを楽しませています。また、その性格とは裏腹に、連続バック転の後に1回宙返りが出来るなど、球団マスコット屈指の身体能力も持っています。

画像は「中日ドラゴンズ」公式サイトより引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.