メディア

夏の甲子園の学校別「優勝回数」ランキング! 2位の「広島商」を上回る1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日8月22日は、夏の甲子園大会決勝で過去に数々の名勝負が繰り広げられてきた日です。1998年には、現在埼玉西武ライオンズに所属する松坂大輔選手が、横浜高校の投手として活躍。決勝戦でノーヒットノーランを達成しました。2004年には、駒大苫小牧高校が北海道勢として初めて全国優勝し、大きな話題となりました。

 そこで今回は、夏の甲子園大会の「学校別優勝回数ランキング」を見てみましょう。高校球児の夢の舞台で、最も多くの栄冠を手にしてきた高校とは?

【出典】朝日・日刊スポーツ「全国学校別優勝回数ランキング(夏)

画像は「写真AC」より引用
advertisement

第2位:広島商(広島/優勝6回)

 第2位は「広島県立広島商業高等学校(広島商)」でした。夏の甲子園大会には通算23回出場し、優勝回数は6回(準優勝1回)です。

 「広商」や「広島商」と呼ばれて親しまれており、1988年には2年連続6回目の優勝を達成しました。2021年は広島大会3回戦で崇徳高等学校に敗れ、3年連続の甲子園出場を逃しました。

画像は「広島県立広島商業高等学校」公式サイトより
advertisement

第1位:中京大中京(愛知/優勝7回)

 第1位は愛知県代表の「中京大学附属中京高等学校」でした。夏の甲子園への出場回数は28回、優勝回数は7回です。通算勝利数も78回と最多を記録しています。

 1931年から1933年に史上唯一の夏の甲子園3連覇を達成するなど、名門校として知られています。2021年は、愛知大会で準決勝に進出。愛知工業大学名電高等学校(愛工大名電)に惜しくも敗れました。

画像は「中京大学附属中京高等学校」公式サイトより

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.