メディア

「キャンディーズ」であなたが一番好きなシングル曲は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 昭和を代表するアイドル「キャンディーズ」。活動期間はわずか4年7カ月でしたが、さまざまな名曲を生み出しました。解散から33年後の2011年に発売されたベストアルバムではオリコンアルバムチャートで初登場11位にランクインするなど、根強い人気を博しています。

 そこで今回は「キャンディーズのシングル曲で一番好きな作品は?」 というテーマでアンケートを実施します。数ある名曲の中から、あなたのお気に入りのシングル曲を教えてください!

 それではまず、投票対象となるシングル曲から3作品を紹介します。

Amazon.co.jp
advertisement

年下の男の子

 「年下の男の子」は1975年2月に発売された5枚目のシングル曲です。「年下の男の子」は、キャンディーズ初のオリコンシングルチャートTOP10入りしたヒット曲となり、一気に知名度を上げました。

 それまでのセンターは田中好子さんでしたが、この曲のイメージに合うように3人の中で1番年上の伊藤蘭さんがセンターになったというエピソードは、ファンの間では有名です。

Amazon.co.jp
advertisement

春一番

 軽快なリズムと「もうすぐ春ですね」のサビが印象的な「春一番」。元々は1975年に発売されたアルバム「年下の男の子」の収録曲でしたが、シングルカットされて1976年3月に発売されました。

 海難を引き起こす危険なイメージの言葉とされていた「春一番」でしたが、この楽曲のヒットによって気象庁は新たな「春一番」の定義を決めて発表するという事態に。今では当たり前のように使用している「春一番」の定義は、キャンディーズのヒット曲によって世間に浸透したそうです。

Amazon.co.jp
advertisement

微笑がえし

 シングル曲としては、キャンディーズ最後のレコーディング曲となった「微笑がえし」。1978年2月に発売された時には既に、キャンディーズは解散することが決定していました。今までのヒット曲のタイトルやフレーズを「微笑がえし」の歌詞に散りばめていて、まさしくキャンディーズの集大成といえる曲です。

 それまでキャンディーズは、数々のヒット曲を輩出しながらもオリコン1位を獲得したことがありませんでしたが、「微笑がえし」で初めてオリコンシングルチャート1位を獲得しました。

Amazon.co.jp
advertisement

まとめ

 キャンディーズがこれまでにリリースしてきたシングル曲を3作品を紹介しました。投票対象には全18曲をリストアップ。選択肢にないシングル曲やB面に投票したい場合は「その他」に投票のうえ、コメントに曲名を書き込んでください!

 それでは下のアンケートより、ご投票よろしくお願いします。

advertisement

アンケート:キャンディーズのシングル曲で一番好きな作品は?

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.