メディア

柴犬、プードル、ダックスフンド……あなたが好きな犬種はなに?【人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 古くから人間のパートナーとしてともに暮らしてきた犬。猫と並ぶメジャーなペットであり、近年では家の中で小型犬を飼う人も増えています。賢く忠実な犬は、セラピー犬や盲導犬、警察犬などとして活躍し、人間社会に不可欠な存在となっています。

 そこで今回は、「『犬種』のなかで一番好きな種類はなに?」というアンケートを実施します。多くの犬種があるなかで、あなたが好きな犬種を教えてください! それでは、編集部がピックアップした3種類の犬種について紹介します。

advertisement

柴犬

 柴犬は日本犬の代表として古くから親しまれており、天然記念物にも指定されている犬種です。賢くおとなしい性格で、古くは狩猟犬や番犬としても活躍していました。そのため運動能力が高く、活発な性格。頭も賢く飼い主に忠実で我慢強いですが、ちょっと頑固なところもあります。

 容姿は三角に立った耳と、くるんと巻いた尻尾が特徴。柴犬の見た目は大きく分けて「キツネ顔(縄文柴)」と「タヌキ顔(新柴犬)」があり、顔つきや体型がそれぞれ違います。喜んだりすねたりと表情が比較的はっきりしていることもあり、その人間味あふれる姿はとても愛くるしいですよね。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

ダックスフンド

 ダックスフンドはドイツ原産とされる犬種で、胴長短足の容姿が特徴的。巣穴にいるアナグマを狩るために改良が進められ、現在のような姿になりました。スタンダードとミニチュア、カニーンヘンの3サイズに分かれており、日本では「ミニチュア・ダックスフンド」を見かけることが多いですよね。

 性格は明るく甘えん坊。元々狩猟犬だったこともあり、遊んだり運動したりするのも大好きです。なお「ダックスフンド」と濁点になるのは英語読みで、ドイツでは「ダックスフント」と呼ばれるのが一般的なのだそうです。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

プードル

 ぬいぐるみのような愛らしい姿がキュートなプードルは、体の大きさによりスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイの4種類に分けられています。毛色はレッド系やホワイト、ブラック、アプリコットなど10色以上。ふわふわなカールの毛が特徴で、カットでお洒落をさせてあげられるのも魅力のひとつです。

 飼い主に対しては甘えん坊かつ温厚ながら、好奇心旺盛で運動神経も抜群。とくに知能は、全犬種のなかで2番目に高いともいわれています。ジャパンケネルクラブが発表している「2020年犬種別犬籍登録頭数」のランキングでは、7万9466頭で1位を獲得。特にトイ・プードルが最も多く登録されており、その人気のほどがうかがえますね。

画像は「写真AC」より引用
advertisement

「犬種」のなかで一番好きな種類はなに?

 数多くいる犬種のなかから、3種類を紹介しました。このほかにも「チワワ」「ポメラニアン」「フレンチ・ブルドッグ」など、さまざまな犬種が存在しますよね。

 今回のアンケートでは、ジャパンケネルクラブに登録されている約200種の犬種から、41種類を選択肢にピックアップ。選択肢以外の犬種に投票したい場合は、「その他」に投票して犬種名をコメント欄で教えてください。投票とともに、「こんなところが好き」などといったコメントもお待ちしています!

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.