メディア

コロッケ好きな都市ランキングTOP30! 「福井県福井市」が1位【2020年最新調査結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

  スーパーのお惣菜コーナー、コンビニのレジの横などに、必ずと言って良いほど置いてあるコロッケ。おかずとしてはもちろん、お酒のつまみにもピッタリで老若男女問わず愛される料理です。

 総務省統計局の家計調査では、コロッケを含む調理食品について、品目別、地域別に1世帯当たりの年間支出金額が発表されています。1世帯当たり(2人以上の世帯)のコロッケの年間支出金額が多いのは、どの街なのでしょうか? 結果を見てみましょう。

(出典元:総務省統計局『家計調査』

advertisement

第3位:滋賀県大津市(2654円)

 第3位は滋賀県の大津市です。1世帯当たりの年間支出金額は2654円でした。

 ブランド牛の近江牛で有名な滋賀県。大津市には、近江牛を扱うお肉屋さんが多数あります。なかには、近江牛コロッケを販売しているお店も。

advertisement

第2位:京都府京都市(2668円)

 第2位は京都府の京都市です。 1世帯当たりの年間支出金額は2668円でした。

 牛肉好きが多いことで知られる京都。府内には京都肉や亀岡牛などのブランド牛がある上、隣接県にも松阪牛、神戸牛、近江牛があります。そのため、京都市内には、こだわりのお肉屋さんがたくさん。おいしいお肉屋さんに、おいしいコロッケはつきものですよね。

advertisement

第1位:福井県福井市(3215円)

 そして第1位は福井県の福井市でした。 1世帯当たりの年間支出金額は3215円でした。

 諸説ありますが、福井でコロッケが人気である理由には、共働き率の高さが関係していると言われています。総務省統計局「平成29年就業構造基本調査」によると、福井県の共働き率は60.0%。全国平均の48.8%よりも10%以上高く、全国一位となっています。家事の時短実現のために、お惣菜を献立にうまく取り入れているのかもしれません。

画像は「福井市商店街連合会」より引用
画像は「福井市商店街連合会」より引用

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.