メディア

「千鳥」の冠番組で一番好きなのは?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 大悟さんとノブさんが2000年7月に結成したコンビ・千鳥。東京進出後、一時は苦戦していたものの、岡山弁と大阪弁を織り交ぜた独特の話術が受けはじめ、現在では全国レベルの人気者になりました。

 今回は「千鳥の冠番組で一番好きなのは?」というアンケートを実施します。あなたが最も気に入っている千鳥の番組を教えてください。それでは、千鳥の冠番組の中から4つの番組を解説します。

千鳥
吉本興業公式サイトより
advertisement

テレビ千鳥

 「テレビ千鳥」は、2019年4月にレギュラー放送を開始したバラエティー番組です。基本的に、大悟さんが発案した企画を行うという内容の番組で、無茶をする大吾さんと振り回されるノブさんが見どころ。2020年6月に発売された番組DVDは、Amazon「お笑い・バラエティー部門」の第1位に輝いています。

advertisement

火曜は全力!華大さんと千鳥くん

 「火曜は全力!華大さんと千鳥くん」は、「華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!」の後続番組として2021年4月に開始しました。博多華丸・大吉と千鳥、平均年齢45.7歳の4人が全力でゲームに挑戦するバラエティー番組です。クセの強い達人に対して大喜利を披露する「クセがすごい観客大喜利」、アンケート結果を予想する「ランキング、ピッタリ当てたら100万円」など、人気企画が誕生しています。リアクション芸だけでなく、千鳥のコンビ愛を楽しめる点も大きな魅力の1つです。

advertisement

千鳥のスポーツ立志伝

 「千鳥のスポーツ立志伝」は、2020年12月に放送を開始したスポーツ番組です。毎回、司会の千鳥がアスリートをゲストに迎え、競技人生を深掘りしていきます。大悟さんとノブさん、それぞれがアスリートに敬意を示しながら繰り広げるトークは、見ていて心地よいですね。アスリートの本性や成功の秘訣が明かされる場面は、心にグッとくるものがあります。また、大悟さんがアスリートをクセのある言葉で表現する番組ラストも見どころです。

画像は「千鳥のスポーツ立志伝」より引用
advertisement

いろはに千鳥

 「いろはに千鳥」は、千鳥にとって関東エリア初の冠番組です。2014年1月に放送を開始しました。千鳥が町を散策しながら、地元の絶品グルメを探します。なお、制作に潤沢な資金を準備できないため、1日に4本分~8本分を撮影するスケジュールは当たり前。ロケ名人として関東で存在感を示すきっかけになったようです。

advertisement

アンケート

 あなたが最も面白いと思う千鳥の冠番組はどれですか。もし投票したいタイトル名が無い場合は、その他の項目に記入をお願いします。「○○大好き」「○○は欠かさず見ている」など、タイトル名を含めて記入してくださいね。どうぞよろしくお願いします!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.