メディア

【杏里】シングル曲人気ランキングTOP43! 1位は「悲しみがとまらない」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、7月31日から8月7日まで「杏里のシングル曲で一番好きな曲はなに?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、杏里さんが発表した全48曲のシングル曲となります。好きなシングル曲が選択肢にない場合は「その他」に投票のうえ、コメントで曲名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数1220票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは気になるランキング結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:気ままにREFLECTION

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第10位は「気ままにREFLECTION」でした。杏里さん自身が出演する「日清焼きそばU.F.O.」のCMに起用された、疾走感溢れるナンバーです。コメント欄では「夏といえば『気ままにREFLECTION』で決まり!」といった声が寄せられていました。

advertisement

第9位:ドルフィン・リング

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第9位は「ドルフィン・リング」でした。1993年に発売されたシングル曲で、杏里さん自身が作詞作曲を行っています。映画「結婚」の主題歌として使用されたこともあり、結婚式の定番ソングとなりました。

advertisement

第8位:思いきりアメリカン

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第8位は「思いきりアメリカン」です。1982年に発売されたシングル曲で、自身が出演する花王のコロン「リマーラ」のCM曲として起用されました。

advertisement

第7位:ALL OF YOU

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第7位は「ALL OF YOU」です。1986年のアルバム「MYSTIQUE」の収録曲でしたが、歌詞の一部やアレンジを全面的に変更して、1994年にシングル曲としてリリースされました。しっとりとしたバラード曲で、聞いていると優しさに包まれる感覚になります。

advertisement

第6位:夏の月

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第6位は1998年に発売された「夏の月」でした。ピアノの独奏から始まるバラード曲です。神奈川県三浦郡葉山町を曲の舞台にしており、どこか「和」を感じる楽曲となっています。

advertisement

第5位:オリビアを聴きながら

Amazon.co.jp

 第5位は「オリビアを聴きながら」でした。1978年に発売されたデビューシングルで、杏里さんを代表する曲のひとつです。さまざまなアーティストがカバーしており、杏里さん自身もリテイクバージョンを発表しています。

 発売から18年後、1996年大晦日の「第47回NHK紅白歌合戦」で披露されました。杏里さんの声の透明感が際立つ名曲です。

advertisement

第4位:CAT’S EYE

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第4位は「CAT’S EYE」です。テレビアニメ「キャッツ♥アイ」のオープニングテーマとして使用され、自身初のオリコン1位を獲得しました。シンセサイザーを使用した都会的なサウンドとキャッチーなフレーズが、一度聴いたら頭から離れません。

advertisement

第3位:スノーフレイクの街角

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第3位は「スノーフレイクの街角」です。投票数は129票、得票率は10.6%でした。1988年にリリースされ、「JT SomeTime LIGHTS」のCMソングに使用された一曲。夏の曲を歌うことが多い杏里さんにとっては珍しく冬のしっとりとした曲で、別れた恋人を思う切ない気持ちがまっすぐに伝わってきます。

advertisement

第2位:SUMMER CANDLES

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第2位は「SUMMER CANDLES」です。投票数は177票、得票率は14.5%でした。12枚目のアルバム「BOOGIE WOOGIE MAINLAND」からのリカットシングルで、1988年に発売されました。

 日本テレビ系水曜ドラマ「恋人も濡れる街角 URBAN LOVE STORY」の主題歌に起用されたこと、リリースされた年に杏里さんが結婚したことも相まって、結婚式の定番ソングとしも知られています。

advertisement

第1位:悲しみがとまらない

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 第1位は「悲しみがとまらない」です。投票数は240票、得票率は19.7%となりました。1983年に発売されたシングル曲で、友達を自分の恋人に紹介したら、友達に恋人をとられてしまったという失恋ソングです。

 歌詞だけを見ると友達も恋人も失うという絶望的な内容ですが、メロディーが杏里さんらしくポップにまとめられていて力強さも感じられるます。当時この曲を聴いて、失恋を乗り越えられた人もいるのではないでしょうか。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.