メディア

『スカーレット(朝ドラ)』 第11週は、常治の想い、喜美子と八郎の想いのぶつかり合い!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 滋賀・信楽で育った少女が、やがて男性ばかりの陶芸家の世界に飛び込み、自分だけの陶芸を目指していく物語『スカーレット』。今週も視聴者の評価と感想をお届けします。

advertisement

「スカーレット」第11週(12/9~14放送)のあらすじ

  八郎(松下洸平)に思いを伝えた喜美子(戸田恵梨香)。しかし抱きよせられたところを常治(北村一輝)と信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が目撃。激怒した常治は八郎を殴って喜美子を連れ帰る。信作の手引きで八郎の家を訪ねた喜美子。2人は将来へ思いを一つにする。しかし常治は八郎の挨拶を拒み続け、マツ(富田靖子)と百合子は心配を募らせる。

 ある日、商品開発室にやってきた照子(大島優子)が急に産気づき、喜美子と八郎は付きそうことに。喜美子を家まで送った八郎は、ついに常治への挨拶が許される。常治はマツに苦労ばかりかけてきた自分の人生を引き合いに出し、八郎には陶芸家になる夢を諦め、堅実に生きてほしいと頭を下げる。

 しかし喜美子は猛反発。常治の願いを一度は承諾した八郎も、撤回して2人で夢を見させてほしいと懇願する。マツの働きかけもあり、常治は、八郎が陶芸展で賞を取ることを条件に、2人の結婚を許すのだった。   (『スカーレット』公式サイトより)

(C) NHK
advertisement

「スカーレット」第11週のネット上での評価

 ネット上での『スカーレット』第11週の評価は、「ポジティブ」が 84.8%となりました。ネットでの評価は高い数字で推移しています。

advertisement

第11週最大の盛り上がりポイントは12月13日

 第11週、もっとも盛り上がったのは12月13日金曜日。この日は八郎が喜美子と共に、常治に対して結婚の許しを求める展開でした。陶芸家への夢を捨てる覚悟があること。川原性になること 。でもやっぱり、心を動かす陶芸を作りたいと宣言する八郎の姿に、多くの人が反応を示しました。

advertisement

「一緒にならせてください」

 第11週最大の盛り上がりを見せた、八郎と常治の対峙シーン。喜美子との結婚を認めてくれと常治に頼みむ八郎。当然、常治は“分かった”とは言わず、陶芸家になる夢を捨てろという条件を出します。これをきっかけに川原家では、大論争が始まりました。この流れを受け、Twitter上では「一家の大黒柱として、夢では食べていけないという気持ちはわかる」といった常治の考えに好意的な意見や、「駆け落ちするほど大好きな恋女房がそばにいるじゃないか」という常治は夢をかなえているとする意見まで、さまざまなものが見られました。中には、「常治との結婚が失敗だと思っていないマツといることが常治の失敗」というマツ否定派の声も……。

 さらに、前日に見られた常治の態度にも多くの感想が。喜美子との結婚を許してもらうため、連日、川原家を訪れていた八郎。しかし一切、八郎の話を聞かず門前払いの常治。でも、八郎が来ないと来ないで気になってしまう常治。こうした常治の性格に「キングオブめんどくさい」「常治のゴネっぷりは想像できた」といった感想が見られました。また「殴ったことは謝るんだ」と、根は優しい常治を再確認する声も見られました。

advertisement

(視聴者の)マスコットボーイ・八郎

 常治が放つ八郎へのグーパンで始まった第11週。その際、足をくじいた八郎は、自分の家で信作による看病を受けます。信作の手引きにより、駆けつけた喜美子。そこから繰り広げられる会話に多くの視聴者が悶絶する事態に。「好きの大安売りと一緒にの大安売り」や「毎日カワイイポイントが更新される」、「八郎さん愛おしいわ」など、視聴者のマスコットとしての八郎人気が、週を追うごとに高まっている様子が伺えます。

 また喜美子と八郎の時間を作るため、“ヒャッホー”と叫びながら帰る信作に対し、「ホントいいやつだなぁ」「信作の良さがあふれる回だった!」など、信作の人の良さに注目する声が多数。さらに立ち去る前に見せた、幼なじみ喜美子とのわちゃわちゃ感にほんわかする人が続出しました。照子も含めた幼なじみ三人組の会話シーンは、スカーレット視聴者にとって欠かせないシーンなのだと、再認識させられる反応の多さでした。

advertisement

芸術に対する様々な想い

 結婚に反対する常治から言い渡されたのは、陶芸展での受賞と言う条件。この大きな課題に焦る八郎は、自分が納得の行く作品ができずにいます。そんな時、信作の実家カフェから15客のコーヒー茶碗制作を頼まれることに。これに対して、「大野夫妻の“仕事の合間にちゃっちゃと”は常治の認識と紙一重」といった声や、「悪気なく鈍感な人達」や「悪い人達じゃないんだけど」、「まさか15客ものコーヒー茶碗をただで作ってもらおうと思ってないことを祈る」といった、大野夫妻の芸術品に対する価値観の無さや、作品に込める想いへの感心のなさに呆れる声が目立ちました。

 また、陶芸展まで時間がないのに、コーヒーカップ制作を断らなかった八郎に対し、“コーヒー茶碗に逃げているとちゃうのん?”と言い放ち、大野夫妻に断ろうと告げる喜美子。しかし八郎は、自分の作品を 必要としてくれたことにうれしさを感じている様子。この展開に「はっきり意見を言い過ぎ」や「繊細な彼(八郎)が行き詰まった時、上記の言葉を投げかけられたらと思うと……」といった喜美子のモノづくりへの姿勢に怖さを感じる声がある一方、「コーヒーカップが作品に良い影響を与えるのでは」「これはコーヒーカップを出展する流れだな」といった、今後の展開を予測する感想がありました。

advertisement

まとめ

 第11週は常治の想い、喜美子と八郎の想いのぶつかり合いがメインに描かれました。条件付きとはいえ、最終的に軟化する常治。これに対し、視聴者好感度は少しだけ上がった……かもしれません。また喜美子の幼なじみである照子の出産や、どこまでもいい奴の信作の姿も逃さず描かれており、全体的に温かな気持ちで見ることが出来た週でした。

advertisement

注目の第12週は……

 第12週は、陶芸展の出展作品の制作はどうなるのか?という点が、ストーリーのメインになりそうです。しかし視聴者の興味は、予告で映し出されたちや子さん(水野美紀)の姿や、八郎と喜美子のキスシーンを思わせる映像に集中しているようです。スカーレット第12週は、ドキドキの展開が待っています!

関連人物

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.