メディア

 メキシコのユカタン半島にある水中洞窟で、およそ1万年前の人類が生活していた痕跡が発見されたと話題を呼んでいます。  発見したのは、キンタナロー帯水層系研究所(CINDAQ)で所長を務めるサム・ミーチャム氏ら。洞窟は古代の人々が顔料用の鉱物を採掘していた場所とのことで、採掘用の道具なども残っており、アメ…

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home