メディア

【エヴァ】好きな「エヴァンゲリオン」新劇場版ランキング! 第1位は「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年8月13日から2021年8月19日までの間、ねとらぼ調査隊では「エヴァンゲリオン新劇場版で一番好きな作品は?」というアンケートを実施していました。

 TVシリーズの開始から25年ほど経過したのち、2021年に晴れて真の完結を迎えた「エヴァンゲリオン」。今回は新劇場版4部作を対象に、最も好きな作品にご投票いただきました!

 今回のアンケートで投じられた票は累計696票。たくさんのご投票、ありがとうございます! それではランキングの結果を見ていきましょう。

advertisement

第4位:序

Amazon.co.jp

 第4位は、エヴァンゲリオン新劇場版4部作の第1作目「序」です。TVシリーズで描かれた内容に新しい設定を追加して再構築し、2007年劇場公開された新劇場版シリーズ最初の作品。

 TVシリーズの冒頭で流れた“2015年”という表示がなくなったことや、NERVとSEELEのシンボルマークが変更されたこと、使徒のナンバリングが違うことなどさまざまな点で違いが楽しめました。

advertisement

第3位:Q

Amazon.co.jp

 第3位は、エヴァンゲリオン新劇場版4部作の第3作目にあたる「Q」でした。2012年より劇場公開され、「一般社団法人 日本映画製作者連盟」による発表では最終興行収益約53億円を達成しています。

 TVシリーズや旧劇場版のストーリーとは大きく異なる展開となった作品で、前作「破」の終盤で描かれた、“ニアサードインパクト”から14年後の世界が描かれました。

advertisement

第2位:破

Amazon.co.jp

 第2位は、エヴァンゲリオン新劇場版4部作の第2作目「破」です。2009年公開の作品で新劇場版:序の続編として制作された作品。序のヒットにより、当初予定されていたTVシリーズの再構築には留まらず、デザインや名称、各種設定の変更なども多く、続く「Q」に向かう新しいストーリーが書き起こされました。

 「破は旧作品と比較して、芸術性よりエンターテイメント性を重視しているように思う」「当時破を見たときとても衝撃だった!」「破はグレンラガンみたいな熱さがあって泣いた」といった、さまざまなコメントをいただきました!

advertisement

第1位:シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

Amazon.co.jp

 第1位は、これまで3部続いてきた新劇場版の最終作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」でした! 得票数は全体の過半数を超える57.9%もの票を獲得。2位以下を大きく突き放して第1位にランクインしました。

 前作「Q」の公開から8年以上の時が経った2021年に公開された待望の最終作。よりスケールアップした舞台で、主人公・碇シンジと父ゲンドウの親子関係や、エヴァ搭乗者たちの行く末など見どころ満載の作品です。国内外問わず幅広い世代で多くのファンを持つ、エヴァンゲリオンシリーズのラストにふさわしい結末が描かれました。

 「シンエヴァの第3村のシーンが穏やかで優しくて好きです。シンは全体的に優しい」「エヴァンゲリオン完結作として最高の作品であって推しのマリが主役らしい活躍を見せるなどエヴァンゲリオンのなかでは、一番の作品!」といった、温かなコメントがありました。

シン・エヴァンゲリオン劇場版"

シン・エヴァンゲリオン劇場版

緒方恵美, 林原めぐみ, 宮村優子, 坂本真綾, 三石琴乃
Amazonの情報を掲載しています

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.