メディア

「東名・新東名のSA・PA」満足度ランキングTOP10! 1位は海老名SA(下り)【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 東京と名古屋を結び、日本の交通の大動脈ともいえる東名高速道路と新東名高速道路。休憩施設として欠かせないサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)は、それ自体が大きな楽しみといえるほど進化しています。

 ホテル予約サイト大手の「じゃらん」では、 運送、タクシー、高速バスなどのプロドライバーを対象に、東名・新東名のSA・PAの満足度調査を実施しました。両高速道路を頻繁に利用するプロのドライバーは、果たしてどのSA・PAを選んだのでしょうか。さっそく、TOP3から見てみましょう。

(出典:じゃらん

NEXCO中日本ドライバーズサイトより引用
advertisement

第3位:海老名SA【上り】

NEXCO中日本ドライバーズサイトより引用

 第3位は、海老名SAの【上り】です。海老名といえば、上下線合わせて日本最大級の来場者数や売上高などを誇る国内随一のサービスエリア。広大なフロアには、まるでデパ地下のようにたくさんの名店・限定店などが入っています。2020年には、鎌倉や横浜で大人気の「世界一のアップルパイ 鎌倉 mille mele(ミレメーレ)」がオープンしました。

advertisement

第2位:足柄SA【下り】

NEXCO中日本ドライバーズサイトより引用

 第2位は、足柄SAの【下り】です。足柄SAは入浴施設を設けているのが特徴で、下り線には「足柄浪漫館 あしがら湯」があります。現地の地下水である「足柄の水」を提供する蛇口や、富士山を眺めながらのグルメなど、観光要素も強いサービスエリアです。

advertisement

第1位:海老名SA【下り】

NEXCO中日本ドライバーズサイトより引用

 そして第1位は、海老名SAの【下り】でした。こちらは上り線に9年遅れて、2020年7月にEXPASA(エクスパーサ)としてリニューアルオープン。江戸そばの老舗「芝大門 更科布屋」高速初出店のお店もあり、「東京ばな奈ソフトクリーム」や海老名茶屋の「えびえび焼」といった、【下り】限定の人気メニューも続々登場しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.