メディア

「安達祐実」出演ドラマであなたが好きな作品はどれ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 女優として、子役のころから活躍している安達祐実さん。時には年齢のかけ離れた役もこなすなど、演技の幅の広さでも注目されています。

 今回はそんな安達祐実さんが出演したドラマの人気投票を実施します。活動歴の長い安達さんが出演した作品の中から、お気に入りのドラマにぜひ投票ください!

 それでは、安達さんが出演した代表的なドラマ4作品を紹介します。

advertisement

家なき子(相沢すず)

Amazon.co.jpより引用

 安達さんを一躍有名人に押し上げた作品といえば、1994年放送のドラマ「家なき子」でしょう。当時わずか12歳だった安達さんの熱演が話題を集め、「同情するなら金をくれ!」のセリフは流行語大賞にもなりました。

 ドラマは過酷な内容でしたが、貧困と家庭内暴力に苦しみ、荒みながらも繊細さを見せる少女・相沢すずを、安達さんは見事に演じ切っています。最高視聴率37.2%を記録するなど、名実ともに安達さんの出世作となりました。

advertisement

ゴーストハンター早紀(安部早紀)

 「ゴーストハンター早紀」は、1996年1月から同年3月にかけて放送されたドラマ。1995年から1997年まで放送されていた「木曜の怪談」内のドラマで、霊能力で悪霊と戦う女子中学生の活躍をコミカルに描いた作品です。

 安達さんが演じたのは、主人公の安部早紀。明るくコメディタッチな演技が見どころです。

advertisement

ガラスの仮面(北島マヤ)

Amazon.co.jpより引用

 美内すずえさんによる同名の名作少女漫画を原作とし、1997年に放送されたドラマ「ガラスの仮面」。安達さんは美内さんからの直々の指名で、主人公の北島マヤ役に抜てきされたそうです。

 天賦の才を持つが故に数々の苦難に見舞われるも、それを乗り越えて成長していく姿は安達さんのイメージにもピッタリでした。ドラマは2シリーズが放送されており、原作は未完ながら『花とゆめ』連載版をアレンジした「完結篇」が放送されています。

advertisement

捨ててよ、安達さん。(安達祐実)

Amazon.co.jpより引用

 「捨ててよ、安達さん。」は、2020年4月から同年7月に放送されたドラマです。女性誌の連載企画で、毎号1つずつ私物を捨てることになった安達さんの心情を描いたストーリー。フィクションとノンフィクションが入り混じった、奇想天外な世界観が魅力的です。

 安達さんは主演の本人役で、貫地谷しほりさんや加藤諒さんといったそうそうたるゲストが、「捨てられる安達さんの私物」を演じています。

advertisement

あなたが一番好きな安達祐実さんの出演ドラマは?

 投票対象は、安達さんの主な出演ドラマ37タイトルとなります。もし選択肢にないドラマに投票したい場合は、「その他」に投票してコメント欄にタイトルを記入してください。

 たくさんの方のご投票と、ドラマや役どころに関するコメントなどもお待ちしています!

あなたが一番好きな安達祐実さんの出演ドラマは?
合計:191票
実施期間:2021/09/26〜2021/10/03
投票は締め切りました
advertisement

コメント欄の書き方

 「その他」を選んだ場合や、自由回答形式の場合は、以下の方法でコメント欄に【1】「投票したい項目」と【2】「その理由」を記入してください。

(例)
【1】家なき子(投票したい項目)
【2】安達さんといえばこの作品(その理由)

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.