メディア

SNSが好きな都道府県ランキング! 1位は「京都府」の77.1%【2020年調査】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 今回は、政府のさまざまな統計データをまとめて公表しているサイト「e-Stat」より、SNSが好きな都道府県ランキングを紹介します。参照したのは2020年の「通信利用動向調査」で、回答時から1年以内にSNSを利用した人の割合を調べたものです。

 幅広い世代に浸透しつつあるSNSですが、その利用状況では都道府県ごとにどのように地域差があるのでしょうか。さっそく、TOP3から見てみることにしましょう。

(出典:e-Stat

advertisement

第3位:福岡県

 第3位は福岡県です。1年以内にSNSを利用したと回答した人の割合は75.3%となっています。福岡はオンラインゲームの利用でも全国2位(37.4%)、ニュースや天気などの情報検索でも全国6位(74.3%)の利用率。多くの人がコミュニケーションや情報収集にインターネットを使っているようすがうかがえます。

advertisement

第2位:沖縄県

 第2位は沖縄県。1年以内にSNSを利用したと回答した人の割合は75.7%です。沖縄県は福岡県と異なり、他県と比較してSNS利用以外で目立った項目がなく、インターネットを含む電子通信の利用目的としてSNSが突出している格好といえます。

advertisement

第1位:京都府

 そして第1位は、京都府でした。1年以内にSNSを利用したと回答した人の割合は、2位を1.4%上回る77.1%です。京都府は「業務目的でのオンライン会議システムの利用」や「電子メールの送受信」で全国3位、「eラーニング」で4位、「電子自治体の利用」で5位と、SNS以外でも仕事や行政手続き、教育などの面でもネット通信が活用されているようです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.