メディア

少女向けコミック誌の発行部数ランキング! 1位は小学館の「ちゃお」【2021年4〜6月データ】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 女の子が抱く夢を叶える漫画が数多く掲載されている「少女向けコミック誌」。その独特の世界観や物語の展開に夢中になった方も多いでしょう。

 今回は一般社団法人・日本雑誌協会が発表したデータをもとに「少女向けコミック誌の発行部数ランキング」を紹介します。なお、ランキングは2021年4月~6月に発売された1号あたりの平均印刷部数をもとに作成しています。

(出典:日本雑誌協会「印刷部数公表」

advertisement

第3位:花とゆめ(8万5400部)

画像は「花とゆめ」公式サイトより

 第3位は白泉社の「花とゆめ」でした。発行部数は8万5400部。

 「花とゆめ」は1974年に創刊された漫画雑誌。2021年現在は毎月5日、20日発売の月2回ペースで刊行されており、月2回刊行の少女漫画雑誌としてはトップの発行部数を誇っています。1975年から連載中の『ガラスの仮面』や、2019年からの再アニメ化で話題となった『フルーツバスケット』などが代表作として挙げられます。

advertisement

第2位:りぼん(13万3000部)

画像は「りぼんわくわくステーション」より

 第2位は集英社の「りぼん」でした。発行部数は13万3000部。

 りぼんは1955年に創刊された月刊漫画雑誌です。「なかよし」「ちゃお」とあわせて三大小中学生向け少女漫画雑誌とされています。

 代表作に奇妙な同居生活を描いた『ママレード・ボーイ』や昭和の家庭と日常を描いた『ちびまる子ちゃん』があるほか、近年の人気作として実写映画化が決定した『ハニーレモンソーダ』などがあります。

advertisement

第1位:ちゃお(20万3333部)

画像は「ちゃおランド」より

 第1位は「ちゃお」でした。発行部数は20万3333部。

 ちゃおは小学館発行の月刊少女漫画雑誌で、その名前はイタリアのフランクな挨拶「チャオ (ciào)」が由来です。創刊は「なかよし」「りぼん」よりも遅い1977年ですが、2000年代以降は発行部数No.1少女漫画雑誌の座を守り続けています。

 代表作は『ミルモでポン!』や『12歳。』など。近年ではデジタル化も進め、2021年8月には「ちゃお」の過去作品やオリジナル作品が読めるWebサイト「ちゃおコミ」がスタートしました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.