メディア

「嵐のバラエティ番組」人気ランキングTOP11! 1位は「ひみつの嵐ちゃん!」に決定!【2021年投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 櫻井さんと相場さんのW結婚で巷を沸かせている嵐。グループの活動休止後も、変わらぬ人気でお茶の間の話題を席巻していますよね!

 ねとらぼ調査隊では、2021年9月14日から9月21日の期間で「嵐のバラエティ番組」の人気投票を実施しました。国民的アイドルグループだった嵐は、これま数多くのバラエティ番組に出演してきました。どれもこれも嵐の思い出が詰まっていて、ひとつに絞り切れなかった方も多かったことでしょう。

 今回のアンケートでは、総数1250票もの投票をいただきました。本当にありがとうございました! それでは、結果発表です。

advertisement

第10位:ガキバラ帝国2000!

 第10位は「ガキバラ帝国2000!」でした。タイトルにもある通り2000年に始まり、約1年間放送されました。三宅裕司さんが司会で、嵐以外にも滝沢秀明さんや山下智久さんなども出演していました。

advertisement

第9位:真夜中の嵐

 2001年から2002年に放送された「真夜中の嵐」が第9位。嵐の5人が、最終電車と自転車を乗り継いで、日本縦断をしていくバラエティです。嵐初の単独レギュラー番組なので、覚えているファンは多いのではないでしょうか。

advertisement

第8位:USO!?ジャパン

 8位にランクインしたのは「USO!?ジャパン」です。2001年に放送が開始されたときは、心霊現象や都市伝説をテーマにしていましたよね。相葉さんの霊感の強さが知られるきっかけとなった番組でもあります。

advertisement

第7位:Gの嵐!

 第7位には「Gの嵐!」がランクイン。「Cの嵐!」「Dの嵐!」から続く嵐の深夜番組で、2005年から1年間放送されました。コメントにも「相葉すごろくは本当におもしろかった」とあるように、罰ゲームばかりの展開が恒例となった「相葉すごろく」が特に注目を集めました。

advertisement

第6位:Dの嵐!

 第6位は、2003年から2005年に放送された「Dの嵐!」でした。当初は、普段目にすることの少ないものを取材する番組でしたが、2004年から「おバカ好奇心」をテーマに、対決方式としてリニューアルされました。おバカ実験企画「Aの嵐!」など、楽しいコーナーがたくさんありました。

advertisement

第5位:まごまご嵐

 第5位は、得票率6.7%を獲得した「まごまご嵐」。2005年に放送を開始した、斬新な企画が満載のバラエティ番組です。嵐のメンバー2人が、1日だけ老夫婦の孫になりきる「嵐の一日孫になります」、子どもに晩御飯を作って対決する「嵐の突撃こどもの晩ゴハン」などの企画では、メンバーの個性が光ってましたね。

advertisement

第4位:VS嵐

 得票率15.3%と一気に票を伸ばした「VS嵐」が、第4位にランクインしました。2008年から2020年にわたって、視聴者を楽しませてくれた長寿番組。嵐のメンバーが、ゲストとアトラクションゲームで対決し、嵐チームに加わるプラスワン・ゲストも楽しみのひとつでした。

advertisement

第3位:嵐にしやがれ

画像は日本テレビ公式サイトより引用

 第3位は「嵐にしやがれ」。得票率は19.5%でした。2010年から2020年まで、何度かのリニューアルを繰り返しながら続いた人気バラエティ番組です。コメントには「5人が楽しんでいる姿に心を奪われた」などの意見が寄せられたように、メンバーの仲の良さが伝わってくる番組でした。

advertisement

第2位:嵐の宿題くん

 3位と僅差で2位にランクインされたのは「嵐の宿題くん」でした。2006年から2010年に放送されたトークバラエティで、深夜枠でありながら最高視聴率9.0%を記録するほどの人気を誇りました。トークメインの構成で、嵐のメンバーそれぞれの個性や、ユーモアセンスが随所に散りばめられていましたよね! この番組から嵐のファンになった人も多いのではないでしょうか。

advertisement

第1位:ひみつの嵐ちゃん!

 堂々の第1位は、得票率31.4%と唯一30%を超えた「ひみつの嵐ちゃん」でした。2008年から5年間放送され、「VIP ROOM」や「マネキンファイブ」など、今見ても楽しい企画ばかりです。「当時は嵐ファンではなかったけど面白くて毎週見ていた」「最終回は寂しくて号泣しちゃいました」とのコメントもありました。願わくは、もう一度観たいバラエティ番組ですよね!

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.