メディア

【ウイスキー】人気No.1を決めよう! 「ウイスキー」がおいしい産地はどこ?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 「ウイスキー」は、一般的に大麦やライ麦やトウモロコシなどの穀物を原料として、糖化・発酵した後に蒸留し熟成してできるお酒です。ウイスキーにはさまざまな飲み方があり、食事との組み合わせも自由自在。そんなウイスキーを作る産地は、世界中に存在しています。

 そこで今回は、「ウイスキーがおいしいと思う産地はどこ?」というテーマでアンケートを実施します。ウイスキーがおいしいと思う産地にご投票ください! まずは対象となる産地のうち、世界5大ウイスキーとして知られる産地をピックアップしてご紹介していきます。

advertisement

スコッチウイスキー(スコットランド)

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml"

シングルモルト ウイスキー ザ マッカラン 12年 700ml

8,800円(01/21 07:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「スコッチウイスキー」は、スコットランドで醸造されている世界最多の生産量を誇る人気の高いウイスキーです。スコットランドで造られており、麦芽を乾燥させるときに使う泥炭(ピート)によって、独特の香り(スモーキー・フレーバー)がするのが特徴。「ジョニーウォーカー」や「マッカラン」、「バランタイン」などが有名です。

advertisement

アイリッシュウイスキー(アイルランド)

ブッシュミルズ [ ウイスキー アイルランド 700ml ]"

ブッシュミルズ [ ウイスキー アイルランド 700ml ]

1,819円(01/21 07:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「アイリッシュウイスキー」の生産国・アイルランドは、ウイスキー発祥の地といわれています。ピートを使わず、蒸留回数が多いことからスコッチウイスキーよりも滑らかな口当たりが特徴です。「ブッシュミルズ」や「カネマラ」などが知られています。

advertisement

アメリカンウイスキー(米国)

 その名の通り米国で作られているアメリカンウイスキー。その中でも「バーボン」は、ケンタッキー州を中心に造られています。トウモロコシを主原料としており、独特のコクと甘みが魅力。「ジムビーム」や「アーリータイムズ」が定番の銘柄です。また、テネシー州で作られるウイスキーは「テネシーウイスキー」と呼ばれ、「ジャックダニエル」などが有名です。

advertisement

カナディアンウイスキー(カナダ)

 「カナディアンウイスキー」は、トウモロコシやライ麦を原料とするのが一般的で、ライトな口当たりとライ麦の香りが特徴。「カナディアンクラブ」や「クラウンローヤル」が代表的な銘柄です。

advertisement

ジャパニーズウイスキー(日本)

 「ジャパニーズウイスキー」は、ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝さんがスコッチウイスキーの製法を日本に持ち帰ったことをきっかけに生まれました。そのため、スコッチと特徴が似ており、近年では「山崎」「白州」「余市」「宮城峡」といった銘柄が高騰しています。これらの他にも「トリス」や「ブラックニッカ」などが定番です。

advertisement

まとめ

 今回は、世界5大ウイスキーに絞って特徴をご紹介しました。上記で紹介した以外にも、ウイスキーがおいしい産地はたくさんあります。

 好きなウイスキーの産地が選択肢にない場合は「その他」に投票のうえ、コメント欄にて教えてください。あなたが選ぶウイスキーが一番おいしい産地にぜひ投票をお願いします!

画像は「写真AC」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.