メディア

「現役生の大学進学率」都道府県ランキングTOP20! 1位の「東京都」と僅差の2位はどこ?【2020年】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 リクルート進学総研は「18歳人口推移、大学・短大・専門学校進学率、地元残留率の動向2020」の調査結果を公表しています。

 今回は同データをもとに、大学進学率の都道府県ランキング(2020年版)を紹介します。なお大学進学率は、大学への進学者数÷高等学校卒業者数(全日制・定時制+中等教育学校後期課程)で算出されています。

(出典:文部科学省「学校基本調査」、参考:リクルート進学総研「18歳人口推移、大学・短大・専門学校進学率、地元残留率の動向2020」

advertisement

第3位:兵庫県(57.9%)

画像は「神戸大学」公式サイトより引用

 第3位は「兵庫県」です。大学進学率は57.9%。

 兵庫県は神戸大学や甲南大学のある神戸市、関西学院大学のある西宮市などに多くの大学が点在している地域です。県内の大学の多さに加え、京都や大阪など、近隣にも大学が多数存在することが大学進学率に大きく影響しているのかもしれません。

advertisement

第2位:京都府(62.8%)

画像は「京都大学」公式サイトより引用

 第2位は「京都府」です。大学進学率は62.8%。

 京都府は、京都大学や京都府立医科大学、同志社大学、立命館大学など、全国的にもトップクラスの大学を多く擁する地域です。学生の街としても知られ、大学が身近に感じられるエリアでもあります。

advertisement

第1位:東京都(64.7%)

画像は「東京大学」公式サイトより引用

 第1位は「東京都」です。大学進学率は64.7%。

 都内にある大学の校数は国立大学だけでも10校以上と、東京は日本で最も大学が多い地域です。東京大学や一橋大学、東京工業大学、早稲田大学、慶應義塾大学など、全国的にも有名な大学が数多く存在しています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.