メディア

【新日本プロレス】「IWGPジュニアヘビー級王座」の歴代チャンピオンで誰が好き?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 獣神サンダー・ライガーさんやタイガーマスクさん、高橋ヒロムさんやKUSHIDAさんなど、これまで数多くの有名レスラーが手にした新日本プロレスの「IWGPジュニアヘビー級王座」。王座決定戦ではさまざまなレスラーが己の魅力を存分に発揮し、熱戦を繰り広げてきました。

 今回ねとらぼ調査隊では、「新日本プロレスのIWGPジュニアヘビー級王座・歴代チャンピオンで誰が好き?」というアンケートを実施します。投票対象は、新日本プロレスの公式Webサイトで紹介されている歴代チャンピオンです。それではまず、投票対象の中から直近のチャンピオン3人を紹介します。

advertisement

高橋ヒロム

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 高橋ヒロムさんは2010年8月にデビュー。2013年はイギリス、2014年はメキシコに活躍の場を移し、2016年1月の「CMLL FANTASTICA MANIA」ではCMLL世界スーパーライト級王者を奪取します。そして、2017年1月に行われた新日本プロレス・東京ドーム大会「レッスルキングダム11」でKUSHIDAさんに勝利し、第76代IWGPジュニアヘビー級王座に輝きました。その後も第81代、第86代、第88代の王座についています。

advertisement

エル・デスペラード

 2021年10月19日時点で、第67代IWGPジュニアタッグ王座に君臨しているのが、エル・デスペラードさん。変型パイルドライバーの「ギターラ・デ・アンヘル」や「ピンチェ・ロコ」といった技を得意としています。2018年に金丸義信さんとのタッグで第57代IWGPジュニアタッグ王座に輝くと、その後も第62代、第64代、第67代と計4度、金丸さんとともに王座を獲得。2021年2月にはBUSHIさん、エル・ファンタズモさんとの3WAYマッチを制して、初めてIWGPジュニアヘビー級王座(第89代)を獲得しました。

【2021年10月22日13時39分追記】
 記事初出時に引用していた画像が転載不可のものだったため修正いたしました。お詫びして訂正いたします。

advertisement

ロビー・イーグルス

 2021年10月19日時点で、IWGPジュニアヘビー級王座(第90代)に君臨しているのが、ロビー・イーグルスさんです。オーストラリア出身のプロレスラーで、2018年2月から新日本プロレスに参戦しています。「ロン・ミラー・スペシャル」「450°スプラッシュ」「ターボ・バックパック」など多彩な技を持っている、アグレッシブなオールラウンダーです。2021年9月には挑戦者・高橋ヒロムさんを「ロン・ミラー・スペシャル」で破り、初防衛を果たしました。

【2021年10月22日13時39分追記】
 記事初出時に引用していた画像が転載不可のものだったため修正いたしました。お詫びして訂正いたします。

advertisement

【新日本プロレス】IWGPジュニアヘビー級王座の歴代チャンピオンであなたが好きなのは?

 IWGPジュニアヘビー級王座に輝いた歴代チャンピオンから3人を紹介しました。投票対象は新日本プロレスの公式Webサイトで紹介されているプロレスラーです。ぜひあなたが好きなプロレスラーに投票してください。またプロレスラーの皆さんへの応援コメントなどもお待ちしています!

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング