メディア

「乗り換えが複雑な首都圏の駅」はどこ?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 とても複雑なことで知られる東京の鉄道網。上京して初めて都内の電車を利用した人はもちろん、普段あまり使わない路線の乗り換えで戸惑った経験がある東京在住の人も多いのではないでしょうか?

 そこで今回は「最も乗り換えが複雑だと思う首都圏の駅は?」というアンケートを実施します。みなさんが乗り換えで苦戦した駅をぜひ教えてください!

 まずはアンケート対象の中から4駅を紹介します。

advertisement

東京駅

画像は「写真AC」より引用

 日本の首都・東京の玄関口である「東京駅」は、JRだけでも山手線や中央線をはじめとする多くの在来線が乗り入れており、新幹線も利用可能。煉瓦づくりが特徴の駅舎から少し歩いたところには東京メトロ丸ノ内線のホームもあります。路線によってはかなり離れたところにホームがあるため、最初は場所がわからなくて乗り換えに苦労した人も多かったのでは?

advertisement

新宿駅

画像は「写真AC」より引用

 2021年10月19日時点で乗降客数世界一というギネス記録を持っている「新宿駅」。JR各線のほか、京王線、小田急線、東京メトロ丸ノ内線、都営地下鉄新宿線・大江戸線など、たくさんの路線が乗り入れています。駅から少し歩いたところには西武新宿線の「西武新宿駅」もあります。各線を結ぶ通路の構造はとても複雑なことで知られ、出口を間違えてしまい、目的地まで遠回りしてしまった人も少なくないでしょう。

advertisement

渋谷駅

画像は「写真AC」より引用

 都心のターミナル駅として、日々多くの人でにぎわう「渋谷駅」。乗り入れている路線は、JR各線のほか、京王井の頭線、東急東横線・田園都市線、東京メトロ各線などです。近年は新しい商業施設や連絡通路ができるなど再開発が進められており、駅周辺の様子が一新されました。ハチ公やモヤイ像といったスポットの名前は知っていても、そこまでたどり着くのに苦労した人は多いでしょう。

advertisement

池袋駅

画像は「写真AC」より引用

 「池袋駅」は、JR東日本の駅で新宿駅に次ぐ乗降者数を誇る駅です(2020年度時点)。JR各線のほか、東武東上線や西武池袋線、東京メトロ各線など、多くの路線が乗り入れています。埼玉県のベッドタウンから都心へ向かうために池袋駅を利用する人も多いですよね。地下コンコースの構造は複雑で、慣れるまでは乗り換えで苦労した人も多いでしょう。

advertisement

あなたが「乗り換えが複雑だと思う首都圏の駅」は?

 首都圏の駅の中から4駅を紹介しました。選択肢には、駅構内の構造が複雑なことで知られる秋葉原駅や、長らく駅周辺の再開発が続いている横浜駅などを加えた、全部で46駅を用意しています。その中から乗り換えが最も複雑だと思う駅にご投票ください。なお、乗り換え駅は1つの選択肢としています。投票項目以外の駅に投票したい場合は「その他」を選んで、コメントで駅名を教えてください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.